<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
a0144016_704019.jpg
a0144016_704872.jpg庫裡を建築してもらっている丸平建設で行われる夏のイベントに現場監督さんから誘われました。
ちょうど日曜日、朝の日曜学校で声かけをしたところ、6人の子どもたちが参加してくれました。
引率は坊守と庄司院代、丸平建設の受付で社長さんといっしょに、やる気全開モードです。

正尊寺日曜学校の行動にはいつも、キッズサンガノボリがお供しています。

a0144016_705548.jpgとても広い工場敷地のあちこちに、ウォークラリーのチェックポイントがあり、ゲーム感覚で丸平さんの家作りが解る仕組みになっていました。

a0144016_781170.jpg木工教室で椅子や机を作ったり、紙や漆喰を使ったクラフトなど沢山のブースがありましたが、一番張り切ったのは釣り堀でした。

a0144016_7537.jpg建築現場で出る廃材の再利用でしょう、端木れで作った魚を釣り上げるゲームは楽しそうです。
魚の形もいろいろ有り変化に富み、竿についた針も輪っかとS字金具があり、難易度も調整できるようです。



午後1時半から終了の4時半まで目一杯楽しませて頂きました。
丸平建設の皆様ありがとうございました。


a0144016_711072.jpg



今日から夏休みに入り、午後7時まだ明るい境内にやってくる子は少ない・・・・子供が4人集まったところでお勤めを始めました。
a0144016_7383274.jpg
お経のおけいこも後半、開始30分くらいしたところで二家族子供5人増えました。今日のお話しは「蓮の上のアミダ様」、境内に咲いた蓮の華とその管理写真を見せながら、泥中蓮華のお喩えからアミダ様の働き受け取ってもらえたかな?
a0144016_7384245.jpg


a0144016_7385692.jpgお焼香の時はちゃんと本尊の蓮台に思いをはせ、大きな声でお念仏が称えられていました。
そして、本物の蓮の花を見て、花弁の数を数えたり、華果同時(けいかどうじ)の芯を見たりしながら、このあとのお楽しみに意味づけをしていきました。

a0144016_739525.jpgそのころ、テーブルに紙皿や蓮華サンドイッチを作るアイテムが並べられていきます。
今回のお楽しみおやつは、昨日から坊守が試行錯誤しながらアイデアを詰め込んだお手間いりです。

昨日は住職も一日中サンドイッチばかり食べさせられました。(余談)


子供たちがテーブルのアイテム前に座り、作り方をレクチャーされ一斉にサンドイッチ作りが始まりました。

a0144016_7391914.jpg


a0144016_7393096.jpg食パン一枚を花弁型に切り準備、紙皿の上でキュウリにストローで穴を開け、ソーセージとマヨネーズを使い蓮の華芯が出来上がり。
みんなそれらしい白蓮華が完成しました。


a0144016_7394013.jpg阿弥陀様→蓮台→蓮の花→手作り花弁サンド、子供9人大人5人食前の言葉で美味しく頂きました。


動画もありました。

正尊寺が入っている中川北組のキッズサンガ講習会に参加しました。
子ども達だけで参加するのは、いつもの9名、ワゴン車にちょうど納まる人数、ふうが君が班長でミニノボリを持って、S司院代さんがドライバーで、いざ出発!
a0144016_1984855.jpg
a0144016_199317.jpg根尾の西光寺さんに着く頃には雨が降りだしましたが、縁側で受付、大きな本堂なので雨は関係ありませんでした。

a0144016_199148.jpg少し遅れて、保護者とで参加の二組も合流しました。
正尊寺総代で門徒推進委員でもあるO川さんが、孫さんを連れての参加です。

このキッズサンガの詳細は、岐阜教区キッズサンガ公式Blogに紹介されています。


正尊寺日曜学校の子ども達は、先生にかぶり付きでゲームを楽しんでいました。
a0144016_1993832.jpg


午後4時半キッズサンガ終了、正尊寺日曜学校の子ども達は温泉のおまけが付いていました。ノボリを立て根尾川温泉へ、いざ出陣・・・・・・
a0144016_1995258.jpg
a0144016_1910399.jpg子ども達は恐いもの知らず、露天風呂にノボリを立てて占有、キッズサンガ浴場になってしまいました。
のどかでおおらかな根尾川温泉ならではの光景でした。

a0144016_19101258.jpg午後6時半正尊寺まで帰り、本堂のアミダ様にごあいさつ、恩徳讃を歌って解散です。



解散前にノボリを立てて記念写真、これで正尊寺キッズサンガとしても完結しました。

a0144016_19102348.jpg
サンガスタッフで引率お手伝の仏教婦人会のT田さんHさんありがとうございました。