カテゴリ:行事( 35 )
平成30年8月7日、今年はかつて無い高温注意情報が毎日発令され、災害レベルの猛暑のなかで第24回正尊寺お泊まり日曜学校が開催されました。
去年は台風でプログラムの変更をしましたが、今年は熱中症の心配からプログラムを変更して開催です。
a0144016_08104124.jpg
1日目夕方の炭火を使うまきまきパンは、幼児も多く取り止めにして、エアコンの効いた庫裡でのカレー夕ご飯にしました。
就寝も本堂と庫裡を併用し、本堂のカヤの数を減らしました。

a0144016_08104174.jpg
a0144016_08104158.jpg梅雨明けから猛暑日の連続、8月入っても体温を超える日がずっと続いています。
a0144016_08104171.jpg早朝から下ごしらえを手伝って下さった、参加者のお祖母ちゃん準備を終えて一段落、家族の昼食準備に一度お家に帰っていかれました。
a0144016_08104269.jpg暫くするとお寺の南の道路交差点が賑やかです。見に行くと先ほどまでお寺にいたTさんの車、一旦停止不履行の車に衝突されたようです。
念のため救急車で病院搬送されましたが、擦り傷だけで済んだそうでやれやれでした。
a0144016_08114620.jpg今回は申込40名、男子24名女子16名の内、中学生スタッフ3名、小6が4名、小4が8名、小3が9名、小2が1名、小1が4名、幼稚園が11名とかなり小粒でまとまりました。
a0144016_08104234.jpg午後1時前、保護者に付き添われた子どもたちが本堂へ上がり、黒板に貼られた班別表とプログラムを見ながらワクワクです。
a0144016_08104285.jpg開会式では『らいはいのうた』を一緒にお勤めします。
a0144016_08114690.jpg暑いので早めにおやつタイム、カキ氷歯クールダウンに持って来いです。
a0144016_08114652.jpg蜜は定番に加え、紅茶シロップや梅シロップも出してみました。
a0144016_08114654.jpg縮むプラバンキーホルダー作り、今年はオリジナル缶バッチをと思いましたが、住職時間が無く準備できず例年通りとなりました。
a0144016_08114603.jpg今年は人数が少なめで楽にできました。
a0144016_08114798.jpgお風呂は網代のカケボラの湯、小粒の幼児は風呂無しで食パンマン号と乙姫号で楽々行けました。
a0144016_08114726.jpg騒ぐなと言っても、元気印プール感覚で楽しんでいました。
a0144016_08114708.jpg風呂から上がると控室で飲物水分補給、カルピスとファンタグレープが人気です。
a0144016_08143552.jpg事前に孫とプールに来て予約、今年もちゃんと張り紙してクツ置き場控室を用意してもらえました。
a0144016_08143676.jpg
食事前のお夕事、オリエンテーションで練習した音楽法要です。「ガッチャーミィー」と大きな声でお勤めしてくれました。
a0144016_08143685.jpgお勤めのあとは『いのちをいただく』紙芝居の読み聞かせです。
今年は住職が担当、久々でしたが昨年の読み手さんがマーキングをしておいてもらえ、読みやすかったです。
a0144016_08143630.jpg住職は気合い一杯、動き回って緩急付けて、子どもたちの集中力を逃しません。
a0144016_08143634.jpg夕食は庫裡広間で全員一緒にいただきますしました。
子どもの人数が増えています。
a0144016_08143605.jpg①テーブル
a0144016_08143656.jpg②テーブル
a0144016_08151967.jpg③テーブル
a0144016_08151912.jpg④テーブル
a0144016_08152074.jpg⑤テーブル
a0144016_08152079.jpg⑥テーブル
a0144016_08152027.jpg⑦テーブル
a0144016_08152076.jpg⑧テーブル
a0144016_08151939.jpg⑨テーブル仏壮のテキ屋さん
a0144016_08171849.jpg⑩テーブルも仏壮のテキ屋さんとお手伝いスタッフさん
a0144016_08171887.jpgお蔭でご馳走さまでした。
a0144016_08171822.jpg夕食が済むとお楽しみの宵あそび準備が始まります。
子どもたちは待ちきれません・・・・
a0144016_08171827.jpg本堂で待機と言っても、言う事聞かずテキ屋さん準備の所をウロウロします。
a0144016_08171853.jpg宵あそびを始める前に、諸注意と遊び券のはいった、名前シールの貼った金魚袋が配られます。

正尊寺お泊まりキッズサンガ名物よいあそび平成24年から、本山の大会で行われたのを真似てはじめ、お泊まりは出来ないけれど、宵あそびだけ参加という子がたくさんいまあす。この時間だけは人数が一気に増えて50名以上、賑やかな夜まつりをかもしだします。
a0144016_08171871.jpg
a0144016_08171902.jpg①光るお魚とスーパーボールすくい
ひとり1個は光るアイテムもらえます。
a0144016_08171940.jpg②空気砲
去年の段ボール箱を流用したら、使いすぎで復元力無く、来年は新調です
a0144016_08182633.jpg③ホールインワン
幼児には優しく、高学年には厳しく、
a0144016_08182688.jpg④輪なげ
景品はショボいですが沢山取れるのが皆うれしい
a0144016_08182675.jpg⑤玉入れ
これも幼児には優しく、高学年には厳しいく標的が動く、ビンゴ揃える玉入れです。
a0144016_08182693.jpg⑥浮き輪投げ
三色の意光るブレスレットを狙って取ることで、ただ配るより楽しめます。
a0144016_08182624.jpg⑦射的
宵あそびの一番人気、昔から子どもは狩猟が好きです。
a0144016_08182629.jpg⑧クラフト
折紙でプロペラ飛行機、始動は例年の三菱航空機MRJの設計エンジニアの川崎さん、空力ばっちり教えてもらえます。
a0144016_08182731.jpg宵遊び券の無くなった子は、アンパンマン号で夜間遊覧も飛び入りではいりました。
a0144016_08194197.jpgデザートブースもでき、果物やラムネもおにぎりを用意しました。
a0144016_08194208.jpg今年は本堂のカヤ、3張りだけの要望でした。
a0144016_08194205.jpgほとんどの子は庫裡のエアコン効いた広間に布団を敷いて、映画見ながらの就寝です。
a0144016_08194286.jpg朝、本堂のカヤの中は布団0、夜中の内に全員庫裡へ移動していたようです。
a0144016_08194268.jpgラジオ体操は例年の如く、だらだら・・・どうしたものか。
a0144016_08194291.jpgラジオ体操、はなから高みの見物する1年生も有り・・・
a0144016_08194261.jpgお朝事は念珠ボードから各自手に掛け、集合です。
a0144016_08194217.jpgお朝事は正信偈草譜六種引き、正座我慢のお勤めです。
ほとんどの子が最後まで正座で頑張ってくれました。
a0144016_08202680.jpg朝の法話、住職から阿弥陀様と一緒だと言うことこんこんと聞かされました。
a0144016_08202693.jpg朝のお掃除は、ひとり20個のゴミ拾い結構きれいになりました。
今年は本堂で寝ていないので、ゴミも少なめでした。
a0144016_08202612.jpg朝食準備、朝まで泊まっていった子は30人位、コッツリした朝食会場です。
a0144016_08202640.jpg泊まれた幼児は朝から元気、クラフトのプロペラ飛行機で遊んでいました。
a0144016_08202687.jpg食前の言葉で、いただきます。
a0144016_08202626.jpg朝ご飯はご飯とおいしい味噌汁、海苔玉ふりかけとカツオ梅干しのみ、それでもお代わり続出です。
a0144016_08202668.jpg盆おどりのお稽古も、子どもたちはすぐに身につきます。
a0144016_08202798.jpg朝からカキ氷のおやつ、すでに30℃越えの猛暑日、氷もよく売れます。
a0144016_08224204.jpg室内オリンピックの班分けは手抜きのジャンケンで決めました。
a0144016_08224250.jpg今年の種目は幼児が沢山いるのでできるだけ簡単にしましたが、班分けが男女混合になり高学年女子は密着型のゲームには拒否反応、来年から気をつけよう。
a0144016_08224259.jpgその点、皆でシンキングのゲームは成功、画用紙表裏を使い①夏休み ②キッズサンガと設問が実に良かった。
a0144016_08224280.jpg16アンサー、イイ感じのチーム。
a0144016_08224263.jpg念仏が出ているので優秀。
a0144016_08224236.jpgアミダ様と名号は一緒を聞いていなかった、残念。
a0144016_08224268.jpg人気のフィギア探し、参道一列に並ばせて、押し合わないようにしてスタート。
a0144016_08224265.jpg1年生最大獲物Get、今年は人数少ないので2アイテムずつ採りました。
a0144016_08234969.jpg2個Getして本堂畳の縁に並べます。
a0144016_08234906.jpg今回は人数×2+20個隠しました、ボーナスの画像に無いアイテムが続出でした。
a0144016_08234980.jpg途中、残り20個の再捕獲タイムもできました。
a0144016_08235020.jpg結果、長い長いフィギアの列ができました。
a0144016_08235025.jpg最後の種目で勝敗が決定、勝った班から順に流しソーメンの場所が決められます。
a0144016_08235062.jpg商品はビニール袋に詰まった風船の中に埋もれている。
これだと新聞紙のゴミも少なく、正解です。
a0144016_08235099.jpg景品は昨夜の宵あそびの残り、それでも嬉しそうです。
a0144016_08235038.jpg18mの流しソーメン、ターフを貼って熱中症予防もしてからです。
a0144016_18204304.jpg素麺120束茹でましたが、今年は30名と少なく小粒な幼児が多く100束でも充分でした。
a0144016_08242160.jpg30名ちょっとみんな良い場所で食べることができました。
a0144016_08242115.jpg子どもたちなんやかんやと言いながらも、食べ始めると結構たくさんつり上げています。
a0144016_08242262.jpg途中変わり種も流してみると、これは人気ありました。
a0144016_08242246.jpg記念写真もコッツリと。
a0144016_08242206.jpg思い出の俳句ひねり、ひとり何枚も書きましたが、字の書けない幼児も多数・・・
a0144016_08242299.jpg一枚一枚紹介すると、幼児の字にならないのもチラホラあり、それなりに読んでやると大喜びでした。
a0144016_08242239.jpg閉会式、今年は酷暑と幼児で、どうなるかと思いましたが、ひとりの病人も無く元気に解散できました。
来年も8月7日~8日、来て下さいね。
a0144016_08245301.jpg解散、保護者がお迎えに来た子からさようならでした。
みな思い出いっぱいに山門をくぐって帰路につきました。

お手伝いの皆さま、ありがとうございました
※去年のお泊まりキッズサンガ

去年から1日開催の正尊寺花まつり・降誕会、ご門徒への寺報宣伝やSNSを通じての告知で、予想を超える人数の親子ずれ参詣者でした。
お天気も途中雲行き怪しくなりましたが、雨降ること無く楽しいご縁づくり行事となりました。
a0144016_17002586.jpg
a0144016_17002575.jpg去年の反省を踏まえ、ワークショップは庫裡の室内を使ってブースを作り、さらなるバージョンアップしてのお楽しみでした。
a0144016_17002601.jpg今年も5種類のチケットを作り、各ブースの混雑を防ぎ、皆が楽しめるようにしました。
花御堂(はなみどう)を参加者全員で飾るように、参加券です。
ワークショップ券は1枚、押し花しおり、ドライフラワーアレンジメント、3色紐編み飾り、レゴプールなどへ分散を目論みました。
缶バッチ券は向拝(ごはい)の花枠で写真を撮って、本人写真缶バッチを作ります。
お昼のカレーもチケット製、でも来た人は誰でも食べられます。
ワークショップとカレーだけ食べて法要パスして帰る『食い逃げ』ないよう、ビンゴカードのボーナス券も付いてます。



a0144016_17002690.jpg今年のnewワークショップは坊守が何日も掛け準備した脱色ドライフラワーと、それが難しそうな低年齢の子ように毛糸紐編みと花紙飾りです。
a0144016_17002648.jpg60個のアレンジメントセット、お持ち帰りも考え台紙も貼って準備です。
a0144016_17002630.jpg前日、本堂飾りの風船も200個ふくらましました。
これも去年から導入の「くるんぱち棒」で口をくくらなくて良く作業は順調でした。
a0144016_17013971.jpg本堂への風船飾りも、ヒモにクルンパチを通すだけ、吊ってからも微調整もでき便利です。
a0144016_17013935.jpgお供え花苗はお隣のコメリで200株予約してあり、カゴに詰め換え作業です。
a0144016_17013910.jpg内陣に置かれた花み堂を飾るように、苗花とシュウケーキ盛りです。
a0144016_17013907.jpg看板は後ろからでも美しい写真が撮れるように太鼓張りにして作り替えました。初めて使う看板なので多少の微調整は必要でした。
a0144016_17013911.jpg去年のインスタ大枠の裏側たいへん良くなりました。
※去年の枠の裏側
受付の志納箱も今年は『ダーナ献金箱』にしておきました。
a0144016_17013917.jpg昨日までの予想では快晴のはずが、雲行き怪しくなってきたので、もしもの場合想定してテントも立てました。
a0144016_17013959.jpgお昼のカレー
・牛肉4㎏
・玉ネギ
・にんじん
・カレー粉2種類 4㎏
隠し味玉ネギペースト5袋
★ジャガ芋は入れず
a0144016_17014019.jpg坊守丹精の境内ハス鉢、3月の植え替え大量、売れ残ったレンコン捨てるに忍びないので、蓮根チップにしてカレーのトッピングにします。
a0144016_17022302.jpg回転釜で大量に作るカレーはとても美味しく出来あがります。
a0144016_17022330.jpgかつて正尊寺で法務を手伝ってくれた学生の樋口君、今は熊本へ養子に行き高千穂住職として活躍です。
花まつりに会わせて、立派なクマモン西瓜お供え頂きました。
a0144016_17022301.jpgシャトレーゼのダブルシュー100個、生クリーム苦手な子用にチョコエクレア20個、スチロール箱に飾り付けます。
昔は巨大ケーキでしたが、これはこれで評判上々です。
a0144016_17022394.jpg年季物の買置き甘茶が底をつき、京都の本願寺御用達「美好園茶舗」の甘茶を使いました。
葉っぱは60㌘ほど使いました。
a0144016_17022316.jpg回転釜はカレーと麦茶が占有、寸胴鍋で30㍑沸かし火を止め、3分間茶袋浸しただしました。
あっさりとても美味しい甘茶になりました。
a0144016_17022314.jpg花まつりにはゾウさんケトルが似合います。
a0144016_17022457.jpg9時前から準備に集まってもらえた仏教婦人会の役員さん方、準備を終えてフラワーアレンジメント先行チャレンジで楽しんでもらえました。
a0144016_17022450.jpg押し花コーナーは吉田先生と正蓮寺坊守様が担当してもらえました。役員のお祖母ちゃんに付いてきた子たちは、先行して栞を作り始めました。
a0144016_17032086.jpg午前10時始まります
仏旗ポールには郡上本染めの鯉のぼりも泳いでいます。
山門の看板と仏旗忘れていました(>_<)
a0144016_17032042.jpg花み堂は台の上に置いてスタンバイしていましたが、小さい子の手が届かず苦労させたようです。
a0144016_17032015.jpg仏婦役員さんの機転でビニールを敷いて地ベタにおいて、小さい子に対応してもらえたようです。
来年から低い台を用意しよう!
a0144016_17032053.jpg始まりから1時間ばかりは境内で花を飾ってもらい、大方の子が参加済になったところで本堂へ移動し内陣に安置されました。
a0144016_17032123.jpg3色毛糸ヒモ編みコーナー
3本の毛糸をストリング-II高速式回転ひもより器でオリジナルヒモを編み、アクセントに紙花を付けます。
時間短縮の為に事前に紙花作っておきました。
a0144016_17032193.jpg幼児でもクルクル回すだけでカラフル紐が編め、小さな子には人気のコーナーになりました。
a0144016_17032179.jpg可愛いブレスレットになりました。
お釈迦さまの消しゴムはんこが可愛いです。
a0144016_17032127.jpg編みヒモコーナーの川崎夫妻ありがとうございました。
a0144016_17041403.jpgドライフラワー・アレンジメント
庭に咲いたアジサイを漂白剤に付け乾燥させ、乾燥オアシスにさして花束作っていきます。
a0144016_17041492.jpg個性的なドライフラワーポット50個セロハンにデコレーションされ本堂の花御堂を飾ります。
a0144016_17041563.jpg押し花しおりも人気、境内の草花がお経本の栞に再生です。
a0144016_17041590.jpg200枚用意しておきましたが半分以上が使われ、皆さん楽しんでもらえました。
a0144016_17041531.jpg特別参加のハスワークも賑やかしに頑張ってもらえました。
有料でしたが、結構売れたようです。
a0144016_17041561.jpgレゴプール
乳児用のスペースとして、3月からヤクオフで集めたレゴをボールプールに入れて、ママさんが安心してワークショップを楽しめるように、保育士のユリカちゃん手伝ってもらえました。
a0144016_17041533.jpg結構乳児のの参加者あり、レゴプール繁盛していました。
a0144016_17041526.jpgレゴプールでは風船アートとシャボン玉もおまけで、小さい子ども達おおよろこびでした。
a0144016_17045718.jpg12:00 お昼のカレー
天気も持ちお昼には庫裡横広場にはカレーの臭いが充満です。
思い思いの場所に家族と座って昼食です。
a0144016_17045747.jpg厨房では婦人会の役員さん方が大活躍です。
途中ご飯8升が底をつき、慌てて2升追加で炊いてもらいました。
a0144016_17045743.jpgカレーの上には蓮根チップ、春キャベツのコールスローのサラダ、みんなたくさん食べてもらえました。
a0144016_17045712.jpg写真オリジナル缶バッチ
受付を済ませると、まず缶バッチ用写真を撮影します。
ピンポンのスコアー表からヒントを得た番号めくり有効でした。
a0144016_17045794.jpg境内をバックに大型インスタ枠の中に入れての撮影、向拝階段が大人と子どもの身長差うまくカバーできました。
a0144016_17045700.jpg100枚近くの写真プリント、インクジェットの写真印刷ではとても間に合いそうありません。
急遽ネットワークを利用しからページプリンター印刷に切りかえました。

a0144016_17045773.jpgA3カラー8面の写真をインデックス表示させ、数秒で印刷でした。
この方法で100個の缶バッチ写真間に合いました。
※拡大画像
a0144016_17045841.jpgカルタ取りのように並べられた写真から、自分たちの家族の写真選んでもらい、円形カッとしてバッチを作ってもらいます。
a0144016_17053100.jpg子ども達のもレバーを押させ、選んだ写真が一瞬にピカピカのバッチになる様子体験してもらえました。
子供より、保護者の方がその仕組みに興味があるようでした。
バッジマンNetのマシーン優れ物でした。
a0144016_17053241.jpg午後1時前になっても長い列で、少々焦りましたが、別院から借りたのと、新規に買い揃えたマシーン2台態勢で何とか時間内に作れました。
a0144016_17053265.jpgピンバッチにするかマグネットバッチにするか、子どもはすぐ付けられるバッチ、親さんは冷蔵庫に貼り付けるマグネットバッチと意見が分かれましたが、マグネットの方が多い注文でした。
a0144016_17053252.jpg午後1時半 法要開始
法要の始まりは子ども達の献灯献花です。ぶっつけ本番、長チャッカマン無くグラスのローソクに火は付かない、列グチャグチャ課題いっぱいでした。


a0144016_17053255.jpg子ども代表の祝辞、Aちゃん何とか法要までに間に合って来てくれました、
a0144016_17053240.jpg仏婦会長のMさん本堂いっぱいの参詣者に祝辞でした。
a0144016_17053229.jpgY仏壮会長はクリスマスより花まつりをしっかり憶えて欲しいと話してくださいました。
a0144016_17060710.jpg新一年生のお祝いは10名有りました。一人シャイな子は前に出てきませんでしたが、全員に記念品さしあげました。
a0144016_17060894.jpg今年から始めたダーナ献金の勧めもしましたが、あまりたくさん入っていませんでした。
a0144016_17060886.jpg法要が終わって休憩では、お供えのケーキが配られましたが、120個では足らず仏婦の役員さん方は辛抱しましてもらいました。
※来年はあと15個は増やすように
a0144016_17060816.jpg甘茶とダブルシュー、花まつりならでのティータイムです。
a0144016_17060872.jpg正尊寺行事インスタ枠も好評で花み堂バックに撮影してもらえましたが『#正尊寺』でのインスタ投稿がなく残念でした。
a0144016_17060837.jpg休憩後お楽しみのビンゴ大会です。
朝から参加の子は2枚のカードを持って戦闘モードでした。
a0144016_17060812.jpgビンゴになった人から巡番に好きな景品を取りますが、小さな子どもは金額より好きなお菓子、ご愛敬でした。
a0144016_17060826.jpgママの言うこと聞いて海苔缶をGetした子、微妙な笑顔でした。
a0144016_17070461.jpg午後3時20分『恩徳讃おんどくさん』を斉唱し、今年の花まつり・降誕会法要終了です。
a0144016_17070468.jpg1人一鉢好きな花の苗をお土産に持って帰ります。
お庭に植えて思い出の花咲かせてくださいね
a0144016_17070428.jpg自分で作ったフラワーアレンジお忘れなく、しおれないドライフラワーです、長く飾って楽しんでください。
a0144016_17070457.jpg風船も紐を切って降ろし、お土産に持って帰ってもらいます。
子どもは風船大好き、1人でいっぱい抱えて帰る子もいました。
a0144016_17070567.jpgクマモン西瓜も大人気、この時期まだ珍しく、あっという間に売り切れました。
a0144016_17070517.jpg後片付けもほどほどに、午後6時からのお通夜の前に住職は完全電池切れ状態になっていました。

お手伝いの皆様、一日ご協力ありがとうございました。

※去年の花まつり・降誕会

今年も3月21日お彼岸のお中日午後1時から、第5回正尊寺十三参りが開催されました。あいにくの雨で境内での写真撮影ができないので、急遽室内看板を作り記念撮影に対応しました。
a0144016_01401875.jpg
a0144016_01401827.jpg今回は7名参加者全員が、初参式受式者で手形7枚返還することになりました。
色紙の住職記号にミス発見「十参り」になっており、急遽7枚書き換えました。
a0144016_01401851.jpg貸出用の式章も京都櫻井でキッズサンガ式章を揃え、白念珠も用意、男子が多いので彩りに花一輪もリボン掛け準備しました。

a0144016_01401812.jpg着物着付けお手伝いに3年前に受式した親子が早めに来てもらえました。
本願寺新報の記者が取材に来られ、さっそく経験者に質問取材が始まりました。


a0144016_01401909.jpg急遽、今年中学卒業のMちゃんに着物を着てもらい、お抹茶接待のお運びお願いすることになりました。
a0144016_01401974.jpgお母さん達をお客さんに見たて、お茶出しの練習です。
a0144016_01411038.jpg12時30分頃には次々参加者が正装して、庫裡に集まって来ました。
a0144016_01411034.jpg今回女子参加者は2名、もう少し増えないか最後まで勧誘しましたが、難しいお年頃の女子説得が成功しませんでした。
女子が喜んで殺到する行事に成りたいことです。
a0144016_01411078.jpg定刻前に全員揃い、丁寧に事前説明をしました。
a0144016_01472529.jpg定刻午後1時、本堂でお勤めが始まりました。
・至心礼
・表白
・願成就文
a0144016_01411168.jpg住職が外陣に降りると、誕生日順位一人ひとり名前を呼んでお焼香です。
a0144016_01411199.jpgみんな神妙に合掌礼拝、レクチャーで説明したので、小さい声ながらお念仏も称えてくれました。
a0144016_01411198.jpg住職からはなむけの法話が15分、みんな真剣に聞いてくれるのが有難いです。
a0144016_01411148.jpg須弥壇にお供えされた記念品が、一人ずつ手渡されていきました。
自分の小さな手形に見入っていました。
a0144016_01423542.jpg受式者集合写真は父兄がカメラやスマホで写真撮りまくり、スマイルというより苦笑いです。
a0144016_01415777.jpg最後に保護者も一緒に集合写真でした。
a0144016_01415880.jpg本堂法要が終わり、庫裡へと移動です。
a0144016_01415895.jpg庫裡広間に入ると金屏風の前に敷かれた緋毛氈の前に横一列で座ります。
a0144016_01415859.jpg全員が並んだら、お抹茶の接待が始まります。
a0144016_01415816.jpg京都UCHU wagashiの可愛い干菓子を頬ばり、住職からお点前作法のレクチャーにあわせ抹茶を飲みます。
a0144016_01415897.jpg人横一列に蔵珍窯(ぞうほうかま)の緑椿の揃え茶碗で圧巻でした。
a0144016_01415870.jpg保護者の皆様へもお抹茶が振る舞われます。
a0144016_01440639.jpg会議室で3杯のお点前大忙しで茶筅が回っていました。
a0144016_01440646.jpg一文字揮毫は緊張が最高潮です、皆さんがカメラを構えるなか思い思いの一文字上手に書いていました。
a0144016_01440651.jpg球・光・信・希・喜・信・希の字が書かれました。
今年は一文字だけ二人でした。
a0144016_01440692.jpg彩りの花一輪、住職からお祝いの言葉と供に配られました。
a0144016_01440783.jpgそろぞれの家族で記念写真、住職も顔を入れます。
a0144016_01440734.jpg今回にあわせ作ったインスタ枠も人気でした。
a0144016_01440701.jpg赤ちゃんの初参りから11年大きく成長組いてくれました。
十三参り良い思いでに成ってくれることでしょう。
a0144016_01443171.jpg
※去年の十三参り


第23回目を迎える正尊寺お泊まり日曜学校、台風5号の接近で暴風雨警報発令のなかでも、45名の子ども達が一晩泊まってアミダ様とのご縁を深めました。
a0144016_21111660.jpg
台風5号は正尊寺キッズサンガを狙い撃ちの進路を取って来ましたが、子ども達には『台風さん』と呼んで、アミダ様と一緒だから安心して夜中の台風通過を楽しみましょうと言って聞かせ、一晩過ごしました。
a0144016_21111732.jpg
a0144016_21111792.jpg発生から消滅までの期間が「18日18時間」と、歴代3位の長寿となった台風5号に気を揉みながらのお泊まり会。
最終的には一日目の野外でのお楽しみは、すべて庫裡の中でのプログラム変更を余儀なくされました。
そして、暴風雨対策で唐戸を全てカンヌキがけするので、本堂カヤ吊りは断念し、庫裡で寝ることにしました。
a0144016_21111706.jpg今回の台風直撃でも何とかなったのは、参加者が当初から少なめで、名札は52枚制作でうち9枚(赤紐)は中学生サブリーダスタッフ、8枚は日帰り組。
45名以下のお泊まりだから色々対応できました。


a0144016_21111772.jpgAM7:40 布団搬入
台風接近で時間と共に雨が降り出す、例年に無く早朝に松村布団店貸し布団搬入です。
45組の布団セット早々に本堂に納まりました。
a0144016_21111806.jpg夏の合宿貸し布団繁忙期、ご主人と手分けして奥さん一人で搬入でした。
でも、最後ちゃんとお参りしてから帰られるのが、キッズサンガ御用達の布団店さんの有り難いところです。
a0144016_21111842.jpg庫裡厨房では、例年の屋外まきまきパンができないので、夏野菜トッピングカレーに変更した準備が進められています。
a0144016_21123514.jpg珍しい赤ジャガイモやコーン、茄にキュウリお供えの夏野菜が素揚げされ、カレーのトッピングに仕上げられています。
a0144016_21123579.jpg例年9貫目、Box3個分仕入れる氷も6貫目に減らし買い出しです。
岐阜氷業さん電話で注文しておくと、領収書も書いて待っててもらえ便利です。
a0144016_21123681.jpg朝から「台風来るようですが中止ですか?」という問い合わせが何軒も入りましたが。
「正尊寺は暴風雨では休校しません」と返事していました。
a0144016_21123669.jpgただし、台風時本堂向拝(ごはい)は水びたしになるので、台風が去るまでは庫裡玄関から出入りになります。
a0144016_21123515.jpgPM1:00
子ども達が集まってくる時間、まだ風も無く雨も降らず、皆んな元気に集まって来ました。
a0144016_21141031.jpg荷物を持って庫裡から本堂へ、念珠かけボードで時分の名札を確認下首に掛け、代わりに持参のお念珠をそこに掛けます。
これで出欠が一目瞭然です。
a0144016_21141037.jpg少し遅刻の子もいますが、お泊まり申込の子たちは、棄権する子は居ないようです正尊寺の信頼度は高いです。
a0144016_21141083.jpgPM1:40 開会式
予定通りオリエンテーションも終わり、開会のお勤め『らいはいのうた』です。
今年からは若院が調声(ちょうしょう)を勤めます。
a0144016_21141060.jpg開会式のあと、お焼香の作法をしっかり身につけたもらいました。
a0144016_21141160.jpgPM2:40 おやつ
そろそろ台風の雨雲がかかってきました、時折吹く風と共に向拝の縁は濡れ始めていますが、子ども達はカキ氷に夢中です。 
a0144016_21141100.jpgPM3:05 プラバン工作
毎年変わらず縮むプラバンでキーホルダー作りです。

a0144016_21141121.jpgみな思い思いのキーホルダーを作ります。
a0144016_21141154.jpg1時間の製作タイムが終わると、各自の作品を持って男子集合、記念写真です。
a0144016_21151423.jpg女子集合、アイテムをかざして一枚です。
a0144016_21151451.jpgお風呂に行く前、風が吹き始めても良いよう東南の角だけ唐戸(からど)をカンヌキで閉めました。
a0144016_21151592.jpgPM16:35 お風呂到着
岐阜市営カケボラの湯へ到着しました。
「正尊寺ご一行」の看板と、ブルーシートを用意した部屋が準備してもらえました。
a0144016_21151596.jpg貸し切り状態で元気に騒ぐ子ども達でした。
a0144016_21151532.jpgPM17:10 風呂上がり
お風呂から上がると控室に準備したジュースを飲んで、水分補給です。
a0144016_21151509.jpgPM5:35 帰還
雨が強くなる中のお風呂移動、女子の乗る和風料理乙姫さんのバスは庫裡併設ガレージで下車、子ども達は裏口から靴を持って入りました。
a0144016_21151666.jpg男子が乗った食パンマン号は庫裡東の通路奥まで入り、軒下へ直接降り傘無しで移動できました。
ドライバーのテクニックと、こうした状況にも対応できる設計が功を奏しました。
a0144016_21151674.jpgPM18:10 お夕事
本堂で夜のお勤めは、オリエンテーションでも練習した音楽法要です。

a0144016_21160359.jpgお夕事の法話の代わりに『いのちをいただく』の紙芝居を、参加者のお母さんに読んでもらいました。
事前にお願いしてあり、とても感動的に読んでもらえました。
a0144016_21160365.jpgPM6:45 夕食
お外でのお楽しみ夕食会が無くなり、カレーと夏野菜トッピングのバイキング形式になりました。
a0144016_21160494.jpg仏教壮年会の叔父さん達も一緒にバイキング・・・
大人も野菜にはあまり触手が伸びないようでした。
a0144016_21160474.jpg庫裡広間グチュグチュで一緒に食べるカレー、これもまた楽しい夕食でした。
a0144016_21160451.jpgカレーのあとはフルーツバイキング、一番人気は北海道長沼産夕張メロン、二番はコストコパイン、意外と人気薄の西瓜が可愛そう。
a0144016_21160441.jpgPM7:20 ごちそうさま
最初の食事の言葉は、住職がお手本を見せてしました。
a0144016_21160497.jpg子ども達の夕食が終わり、厨房ではお手伝いの皆様の食事が始まりました。
庫裡はこのあと、宵あそび会場となるので、ここで辛抱してもらいました。
今年は台風直撃で宵(よい)あそびの時間は暴雨風雨圏内、ですがお楽しみの宵遊びは庫裡の中にブースを分けて、雨の中参戦してもらえた仏壮会員の協力で行いました。
a0144016_21160321.jpg
a0144016_21165927.jpg会議室で仏壮メンバーは宵あそびの段取りについてミーティング。
a0144016_21170070.jpgそれぞれの担当に分かれセッティングと、実際のシュミレーションに余念がありません。
a0144016_21170039.jpg8ブース庫裡の1階、あちこちを使い設営されていきました。
a0144016_21170007.jpg手間の要るブースには、中学生スタッフも配置して、仏壮と一緒にスムーズに楽しめるよう準備が進みます。
a0144016_21170044.jpg各ブース最終確認して、住職は本堂へ向かい子ども達に説明です。
a0144016_21170008.jpgPM7:50 宵あそび
小さい子も一緒に楽しめるよう、丁寧に説明をして金魚袋に入ったお楽しみ券を配ります。
a0144016_21170161.jpg庫裡仏間は『輪投げ』と『ビンゴ玉入れ』会場。
a0144016_21170157.jpg玄関は『金魚ボールすくい』と『蛍光ブレス』の会場。
a0144016_21173141.jpg廊下は『射的』『ホールインワン』『空気砲』の会場に使われました。
a0144016_21173154.jpg夕食の広間は糸撚器を使った『ニサンガ』作りの会場でまったりしていました。
a0144016_21173112.jpg庫裡の1階50人ほどの子ども達が走り回り賑やかな
a0144016_21173147.jpgPM8:50 就寝準備
1時間ばかりの宵あそび、子ども達のチケットが無くなった頃を見計らい集合です。
本堂派への通路は台風のため通行止め、書院を通る秘密の通路の説明です。
a0144016_21173178.jpg歯ミガキをして、布団を本堂から運び就寝準備です。
a0144016_21173272.jpg台風が岐阜を通過する予定が深夜1時、それまで寝ながら映画を見よう!

今日一日ツボのFacebook動画
a0144016_21173275.jpg中学生スタッフは会議室に集まり、明日の室内オリンピックの準備です。
今どきの中学生は任せきると、ちゃんと仕事をしてくれます。
a0144016_21173247.jpg8月8日朝
夜が明けると台風5号は石川県を抜け日本海へと過ぎていきました。
カンヌキで閉ざされた本堂縁もあちこちに水たまりができていました。
a0144016_21180494.jpgAM6:00 起床
エアコンを29℃設定で、快適に眠れるはずだった子ども達ですが、深夜上映の映画で眠そうです。
a0144016_21180410.jpg音楽を鳴らしマイクで起床を連呼、次第に布団は片付けられていきます。
a0144016_21180406.jpgAM6:30 ラジオ体操
布団をたたみ玄関から靴を履いて境内へ、ラジオ体操に集まります。
a0144016_21180458.jpg雨も上がりお外で体操、今日は予定のプログラム通り、境内を使ったお楽しみ出来そうです。
a0144016_21180504.jpgやっと書き物を向拝に並べることが出来ました。
お約束どおり、皆んなきちっと揃えて上がってきました。
a0144016_21180575.jpgAM7:00 お朝事
お泊まりキッズサンガの胆は、『正信偈しょうしんげ』をお勤めするお朝事です。
ほとんどの子が最後まで正座してお勤めしてくれました。
a0144016_21180544.jpgお掃除タイム
一人30個のゴミを拾うお掃除タイムですが、本堂は布団も敷かずあまりゴミが集まりませんでした。
a0144016_21180507.jpg朝食準備
昨夜のスタッフ会議から、中学生スタッフの自覚もUpし、朝の配膳もしっかり率先して手伝ってくれました。
a0144016_21200087.jpgAM7:50 朝食
食事の言葉も中学生スタッフが仕切ってくれます。
a0144016_21200075.jpgご飯にふりかけ、お味噌汁も美味しいとお代わり続出でした。
a0144016_21200080.jpg朝のデザートは昨日のフルーツバイキングの残りをさらに細かく切って、ヨーグルトの上に乗せて食べました。
a0144016_21200166.jpgAM8:45 盆おどり練習
PAの接続が悪く音出しに手間取り、少し遅れて盆おどり練習を始めました。
a0144016_21200153.jpgAM8:55 布団回収
本堂が盆おどりの練習で賑やかな頃、庫裡にはワゴン車が横付けされ、松村布団屋さんの回収が始まりました。
布団セット1組\650+配送代毎年ありがとう。

a0144016_21200172.jpgAM9:05 おやつ
やっぱりカキ氷は屋外が気持ちいい、走り回りながらのおやつは勢いも上がります。
a0144016_21200133.jpgシロップもかけ放題、天辺にはパイナップルも載っけての豪華版カキ氷です。
a0144016_21200224.jpgAM9:40 室内オリンピック
毎年恒例、2日目メインプログラム班別対抗室内オリンピックが始まりまります。
8人ずつの班を自主的につくるようしじ、簡単に分かれました。
a0144016_21212369.jpg中2のツバサくんを中心に、中学生スタッフが頑張って進行してくれました。
a0144016_21212313.jpg幼稚園のツルちゃんは班からはじき飛ばされ、スタッフのアシスタントとして司会を手伝ってくれました。
a0144016_21212310.jpgぶつくさ言う子ども達もも、協議が始まると真剣になります。
a0144016_21212325.jpg得点表も中学生スタッフの力作、4種目がスムーズに消化されていきました。
a0144016_21212389.jpg室内オリンピック最終種目は大ドンデン返しのフィギア宝探し。
雨も上がり境内隠されたフィギアを拾って並べます。
今年は人数少ないので一人2アイテム探してもらいました。
a0144016_21212451.jpg中学生スタッフが選んだ25アイテムには60㎝のボーナス、伸びた㎝がそのまま得点になり、ほぼこの種目で勝敗が決します。
a0144016_21212469.jpg例年段ボールに新聞詰めて景品を作りましたが、ゴミの山が出来ると坊守からのクレームで、今年は風船の詰め合わせ景品にしました。
a0144016_21212452.jpg大小の風船、子ども達大喜びで分け合っていました。
これは正解!来年からも風船景品で行きます。
a0144016_21222986.jpgAM11:50集合写真
住職は葬儀でここから抜けるので、昼食前に集合写真を撮りました。
a0144016_21222953.jpg昼食準備
お昼ご飯は予定通り境内で流しソーメンです。
今回、揖保乃糸を50人分100束茹でて準備です。

a0144016_21223016.jpg7月雨の日に切り出した割り竹、だいぶ萎んで深底になっていました。
歪みと反りも有り、秋に再度切り出そうと決心しました。
a0144016_21223098.jpgAM11:52 流し素麺
18m50人での流しソーメン、賑やかにしかもよく食べます。
Facebookには食事風景動画もあります。
a0144016_21223037.jpg素麺のあとは差し入れのラムネも冷やして呑みました。
a0144016_21223011.jpgPM1:00 俳句
キッズサンガの思い出を俳句に託します。
台風と 共に過ごした 二日間 SK
夏休み どこのお寺も カキ氷 YK
夏休み お泊まり会で 遊んだよ HY
この夏は お寺ですごす ほとけの子 NS

a0144016_21223043.jpgお泊まりで スタッフ仕事 頑張った ST
どの寺も 必ず映画は モアナだよ MK
台風と 友達なった 夏休み KN
夜遅く 台風がきて 楽しいな HH
宵あそび 中でやっても 楽しいな AS
a0144016_21223194.jpgPM1:35 閉会式
住職留守でも若院が進行で閉会式も無事終了しました。
台風直撃の二日間でしたが、リタイア1名も無く、全員元気で閉会式ができました。
a0144016_21234386.jpg荷物整理
宵あそびで取った景品が机ロッカーの後ろに落ちていたりもしました。
a0144016_21234377.jpg忘れ物確認
各自の荷物を持って再集合、忘れ物の確認をします。
myコップも忘れないように持って帰りましょう。
a0144016_21234420.jpgPM1:50 解散
荷物を持って解散です。
庫裡で映画を見ながら寝たので、朝まで騒ぐ子もおらず暴風雨の外界と対象的に穏やかな夜で、超寝不足の子は見あたらなかったようです。
a0144016_21234436.jpgまた来年も8月7日~8日です来てください。

ご協力のスタッフの皆様お疲れ様でした。
二日間ありがとうございました。
※去年のお泊まりキッズサンガ

平成29年度から花まつり・降誕会(ごうたんえ)は5月4日()1日開催の行事になり、午前中に花御堂(はなみどう)の準備やワークショップなどで楽しみ午後から法要、ゴールデンウィーク親子で終日、寺ご縁作りお楽しみ行事となりました
a0144016_05382651.jpg
a0144016_05382769.jpg1日開催になって向拝看板もリニューアルです。
長尺OHPフィルム用紙2枚にカラーで表裏分を印刷しました。
これで数年使えそうです。
a0144016_05382609.jpg看板の下には写真撮影用の花枠をぶら下げることになりました。
240㎝の細板4枚をボルトで止め、両面テープで花紙を貼りつけます。
a0144016_05382638.jpg収納組み立てが簡単で、何度も使えるように、四隅8本の蝶ネジで固めます。
穴開け位置はアバウトなので、目印がチャンと付けてあり、○△□が内側で重なり合うよしています。
a0144016_05491319.jpg看板後ろ側には引っかけぶら下げられるよう、ホームセンターでジャストサイズの金具を見つけました。
a0144016_05514060.jpg看板裏にもカラーの文字と、花かざりを付けたので、本堂側から写真を撮っても絵になるようになりました。
a0144016_05400623.jpg5月4日午前10時のスタートに合わせ、境内の準備も着々と進みます。
早朝から汗ばむ位の快晴のお天気、正尊寺に味方をしてくれています。
a0144016_05410287.jpg受付も作り、名前を書いてもらいお楽しみチケットを差し上げます。
まず、本堂の仏さまに参ってから、それぞれのワークショップ楽しむように説明します。
a0144016_05410211.jpgお楽しみ券
120枚印刷しましたが29枚残っただけ、91人のワークショップ参加者がありました。
ミシン目の入った5枚綴りのチケット、一枚ずつ破って使います。
ワークショップは2ヵ所分にして置いて正解でした、盛況でどのブースも完売でした。
a0144016_05544469.jpg①花み堂かざり
チケットの最初に着いているのは、花み堂かざり券、好きなワークショップをする前にまず花み堂の製作に携わってもらいます。
a0144016_05410218.jpg花み堂の前を飾るお花、最近に頂いた蚕棚に使われていた軽い枠が大変重宝していました。
a0144016_05410254.jpgコメリで買った花の苗200株も籐篭に入れられて、花御堂の前を飾ります。
これは最後参詣者へのお下がりお土産になります。
a0144016_05410320.jpg花御堂の屋根には新聞紙を皺だらけにして貼り付けてあります。
たくさんの花を引っ付けるにはこの皺が胆で、参加者にはチューブ糊で花弁一個ずつ貼り付けていってもらいます。
a0144016_05410386.jpg花御堂ブースには10時前から孫さん連れて岐阜から来て下さった、総代会の副会長さんがサポ-トしていてもらえ、助かりました。
a0144016_05410343.jpg思った以上に参加者が多く、花御堂はアッと言う間に完成しました。
遅く来た子はもう貼り付けるところが無く、来年からもうチョッと花かざりの面積増やすよう課題です。
a0144016_05410393.jpg開始から1時間、完成した花御堂を本堂へ運び入れます。
a0144016_05435554.jpgお内陣の礼盤(らいばん)を片付け、に丸テーブルを置きその上に花御堂がセットされます。
a0144016_05514170.jpg花御堂がセットされると、ケーキ代わりのシャトレーゼシュークリームがデコレーションされお供えされます。
例年120個のお供えですが、今年は150個(Wクリーム120、カスタード30)お供えし結果正解、最後数個しか余っていませんでした。

a0144016_05435552.jpg②押し花コーナー
庫裡の会議室では押し花で栞とハガキを作る体験コーナーが作られました。
しおりは120枚用意しましたがほぼ完売、ハガキも大人の方が結構作っていかれました。


a0144016_05435584.jpeg坊守がこまめに集めた押し花のパーツを栞台紙に並べていきます。
同じ素材でも作り手のセンスによって皆違ったオリジナル栞が出来あがっていきました。
a0144016_05435516.jpg指導は押し花インストラクターの吉田先生と正蓮寺の坊守さんが張り付いてもらえ、完成度の高い記念お土産ができました。
a0144016_05435502.jpeg押し花作業をとおし、知らない学校の子とも仲良くなって楽しんでもらえました。
a0144016_05435523.jpg③消しゴムはんこ
白布で念珠用の小袋30枚とmyカップ入れの大袋30枚の2種類用意しました。
紐は毛糸で編んだ3色紐を使っています。
a0144016_05435606.jpg動物の形をした消ゴムを大量に仕入れ、それぞれの箱に布用スタンプインキをセットして製作してもらいました。
※大勢でたかると消しゴムとスタンプがグチャグチャになってしまうので、一品1色にセットできるよう検討課題。
a0144016_05452667.jpg動物ハンコ押しまくり、その中に「なもあみだぶつ」の六字も押すように指導しています。
a0144016_05452684.jpg60枚の袋は完売、あとから来た人は紙にハンコを押して楽しんでいました。
来年は、ラミネーターで消しゴムはんこの下敷き作りも有りかな。
a0144016_05544497.jpg④スワッグ花束作り
クリスマスシーズンに玄関でよく見かける丸い花飾りリースで無く、乾燥草花を束ねて壁掛けにして飾るのをスワッグと言うらしい。
花まつりにちなんで、スワッグ作りのワークショップに挑戦してもらう。

a0144016_05452645.jpg花を束ねる紐はカラフル毛糸で紐より器で作るオリジナル紐です。
紐よりコーナーは、川崎さん夫婦が手伝いに来てもらえ、指導してもらえました。
みな紐より器を回し、奇麗な紐を編んでいました。
a0144016_05452621.jpg素材は坊守があちこちの草原からこつこつ集めた草花と、境内にニョキニョキ生えた草を電子レンジで急速乾燥させた物が大量に用意されました。
a0144016_05452759.jpg参加者は自分の好きな枯れ草を選びイメージを膨らませます。
a0144016_05452773.jpg素材を奇麗に揃えて、針金で纏めた花束にします。
a0144016_05452717.jpg最後に毛糸のより紐でリボン結び、自分の名前を書いた短冊を付けて完成です。

a0144016_05452771.jpg完成したスワッグは本堂向拝(ごはい)に、吊り下げたフラフープに引っ付け飾り、飾りお供えになります。
a0144016_05463645.jpg⑤カレーライス
お昼ご飯はカレーライスです。
ルーは200食分、ご飯は12升炊かれました。
隠し味は昨年炒め冷凍保存してある、新玉ネギのペーストしっかり投入しました。
a0144016_05463740.jpg正尊寺仏教婦人会の役員さんもたくさん手伝いに来てもらえ、キャベツの千切りコールスローもたくさん作ってもらえました。
a0144016_05463799.jpg参加者が多くワークショップが早々と完売、お昼ご飯は時間を早めて11時から開店となりました。
厨房ハッチから、お好みに盛られたカレー皿を受け取ります。
婦人会の皆さんの笑顔が最高のスパイスになっていました。

a0144016_05463742.jpgセルフサービスで思い思いの席で親子ずれ楽しい昼食です。
a0144016_05463741.jpgワークショップで作ったアイテムをドヤ顔で見せてくれる子もいました。
a0144016_05463743.jpgさすがに200人前12升は多すぎました、カレールーと4升のご飯は袋詰めされ、役員さんの宅の晩ご飯用にテイクアウトされました。

a0144016_05463726.jpg⑥ビンゴ大会
今年は景品を箱に貼り付けるのはやめて、花飾りの段ボールに入れて並べました。
手間いらずで、取るのも簡単、見場に派手さがありませんでしたが、景品が剥がれ落ちることも無く良い結果でした。
a0144016_05463821.jpg甘茶給湯所
本堂縁側には「甘茶」の説明版を置き、象さんケトルに入れて皆さんに飲んでもらいます。
a0144016_05382761.jpeg
午後1時半から花まつり降誕会法要が開始されました。
ゴールデンウィーク真っ只中で参詣者の人寄心配しましたが、並べた椅子に座りきれない程の盛況でした。

a0144016_05473280.jpg案内では午後1時半から法要開始でしたが、11時からカレー昼食で、チョッと時間もてあまし気味でした。
来年から午後1時開式にします。
a0144016_05473283.jpg献灯献花
例年、時間ギリギリにしか日校常連はやって来てくれませんですが、午前から居るので16名のメンバーは簡単に決まりました。
a0144016_05473294.jpg練習なしのぶっつけ本番の献灯献花、インド人に扮装した若者たちが受け取り並べていきました。
a0144016_05473286.jpg灌仏(かんぶつ)
子どもたちの灌仏もインド人が優しくエスコート、京都から来てくれた藤原くんや姪っ子達に助けられました。
a0144016_05473220.jpg今回は本部委員長と副委員長が孫さん連れて参画してもらえ、今まで無かった総代代表の灌仏もしてもらえました。
a0144016_05544517.jpg勤行(ごんぎょう)
お勤めは「らいはいのうた」調声は若院が担当でした。
a0144016_05473256.jpgお焼香
各団体の代表焼香、日曜学校代表をしっかり決めてなかったので焦りました。
仏教婦人会は三役皆さん来てもらえ、役職交代で代表出てきてもらえました。
a0144016_05473371.jpg仏壮代表焼香はご夫婦会員さんが出てもらえました。
a0144016_05473347.jpg祝辞
仏教婦人会々長さん易しくご挨拶してもらえました。
a0144016_05491279.jpg仏教壮年会は新会長さん蘊蓄を交えながら、お祝いの言葉を頂けました。
a0144016_05491287.jpg日曜学校代表のA奈チャン、進行で手違い一番最後の祝辞となりましたが、とてもはきはきと話してくれ、大きな拍手が湧いていました。
a0144016_05491329.jpeg住職法話
今年の風船はくるんぱち棒を採用し、頭の上が賑やかです。
いつものように、リフレットを読みながらの法話でした。
a0144016_05491321.jpg新一年生のお祝い
案内ハガキは10名以上出してありましたが、お祝いを渡せたのは一人だけで、ちょっと寂しかったです。
岐阜教区少年連盟の黄色ナップサックに文房具を詰めてお渡ししました。
a0144016_05491304.jpg休憩
お供えのシュークリームを配り、甘茶をでティーブレイクです。
昨年より30個増やし150個用意したのは正解でした、全員に配って10個も残りは有りませんでした。
a0144016_05491393.jpg総代長さんが甘茶を皆さんに配っていてもらえました。
この味は好き嫌いがあるところですが、2歳の坊やまだジュースをあまり与えられていないのか、何杯もお代わりしていたのが印象的でした。
a0144016_05491342.jpgビンゴ大会
200枚用意したビンゴカード、午前中から参加にはサービス券が着いていて、サービス券を出すともう一枚もらえ、一人で2枚持つ子がたくさんいました。
a0144016_05514073.jpg舞台を三枚置いて、その上でビンゴ始まりました。
盆おどりと違って、電化製品などの高額景品は有りませんが、100人以上で行うビンゴ大会は盛り上がります。
a0144016_05514019.jpeg大人も子ども、ビンゴになると一目散で景品引き換えに集まります。
30円菓子よりチョッと高めの食料品は争奪戦でした。
a0144016_05514008.jpegビンゴスタートして25分で殆どの人がビンゴになり、景品も底をつき終了です。
最後に全員で『恩徳讃』を斉唱して今年の花まつり降誕会は閉会となりました。


a0144016_05514018.jpg帰りがけには向拝を飾っていたフラワースワッグや、消しゴムはんこの作品が降ろされそれぞれ作った人の手に戻され、持って帰ってもらいます。
a0144016_05514004.jpgそして、帰り際にはお花の苗を一株づつ配られ、おしゃか様や親鸞さまの誕生日を思い出しながら水やりしながらお家で育ててもらいます。
a0144016_05514027.jpeg今年初めて計画したワークショップのフルアイテム、手間暇は掛かりましたが、おしゃか様と親鸞さまの誕生日を通して、お念仏の教えが心に入り良いご縁が結べました。
a0144016_05571877.jpg額縁写真
住職、若院と手伝のスタッフで朝一番に取りました。
a0144016_05571870.jpg孫と朝一番に岐阜市内から駆けつけ手伝って下さった総代さん家族です。
a0144016_05571889.jpgお手伝いのS見さんの孫さんも小さいながら参戦でした。
a0144016_05571904.jpgゴールデンウィークで帰省中の親子さん。
a0144016_05574781.jpg中学一年生女子、スタッフのように手伝ってくれました。
a0144016_05574766.jpg献灯献花の聖火隊と仏教婦人会の役員さん一緒に撮りました。
a0144016_05574717.jpg正尊寺十三参り第1号の高校一年生もご両親と駆けつけてくれました。
a0144016_05574751.jpg最後に残ったスタッフで額縁片付ける前の最後の一枚です。

お手伝いの皆様、お疲れ様でした。
おかげで素晴らしい一日の催しができました、ありがとうございました。

※去年の花まつり・降誕会

第4回正尊寺十三参りが、お彼岸お中日午後1時から開催されました。
今年は3名の参加者、昨年の11人に比べちょっと淋しくもありましたが、時間を気にせずアットホームでの開催となりました。
a0144016_22025869.jpg
a0144016_22025860.jpg今回は女子一名だけ、着替え室は四畳の香室でしてもらうことにしました。
正午には事前に選んだ、あきもの袴セット香室で着せてもらいました。
a0144016_22025878.jpgお祖母ちゃんと蓮如上人鹿の子の博多人形に挟まれスナップ写真です。
十三参りの袴セット、特別価格で貸してもらえる『あきも』のオーナも張り付いて着付けしてもらえました。
a0144016_22025848.jpg12:45 日程説明
参加者全員庫裡の控室に集まった時点で、住職から十三参りの日程が説明されました。
a0144016_22025962.jpg12:55 本堂移動
控えの広間から本堂へ移動し、お焼香の作法の説明を聞きます。
今年はキッズサンガの可愛い式章も準備し、おそろいのコーディネートでスタンバイです。
a0144016_22025923.jpg13:00 勤行
去年作ったラミーネーとしたお経本を配ってお勤めです。
a0144016_22025973.jpgお焼香
今年は人数も少ないので、お勤めの間にお焼香をしてもらいました。
a0144016_22032736.jpg素直な参加者
住職が降礼盤(こうらいばん)して外陣に降りてきても、まだ合掌したまま礼拝の姿勢で固まっていました。
「頭あげて良いよ」と言うとやっと合掌を解いてくらました。
a0144016_22032758.jpg法話
12分ばかりお陰様のお話を聞いてもらいました。
正装した三人ちゃんと住職を見て聴いてくれました。
a0144016_22032700.jpg記念品授与
ご本尊の前にお供えしてあった記念品、腕輪念珠と色紙、初参式受式の2人には手形も返還します。
a0144016_22032778.jpg初参式手形
赤ちゃんの時の自分の手形を見て、13歳は感慨無量です。
女の子は平成17年に受式、男の子は平成19年に受式していました。
a0144016_22032854.jpg本堂で記念写真
住職はすぐ作り笑いできますが、13歳は笑顔の写真撮るのはなかなか難しい。
a0144016_22032812.jpgカメラの砲列
家族の方々も一生懸命声を掛け、子どもの笑顔を取ろうと必死です。
a0144016_22032852.jpg13:27 移動
本堂の式典は段取りよく終了して、また庫裡の広間に戻ります。
2時から永代経の法要が始まるので、1時半が本堂使う式典限界なのです。
a0144016_22032955.jpgお抹茶接待
緋毛氈に金屏風、緑の椿茶碗でお抹茶を飲んでひと息つきます。
子どもたち結構緊張して借りてきた猫のようにおりこうさんで正座していました。
a0144016_22045200.jpgお作法
住職の手つきを真似して、お薄を頂きます。
a0144016_22045299.jpgほろ苦い・・・
住職はここでも説教、この苦味が美味しく感じるようになると大人の仲間入りですよ。
a0144016_22045259.jpg一文字揮毫
3人ともどんな字を書こうか悩んでいました。
今年も個性的な記念色紙が仕上がりました。
a0144016_22045373.jpg色紙持って記念写真
今日の十三参りの思い出を大切に、住職も一緒に色紙を持って記念写真です。
a0144016_22045362.jpg家族団らん
親さんたちも出産からこれまでの成長を思い出しておられる様子。
親子がまばゆく輝いていました。
a0144016_22045326.jpg家族写真
金屏風の前ではそれぞれの家族が記念の写真を撮っておいでです。
住職も時間の許す限り一緒に映ってお祝いしました。
a0144016_22045328.jpg境内で記念写真
今年もお天気に恵まれて、境内でそれぞれポーズを決めて写真を撮っておいででした。



※去年の十三参り

正尊寺の本堂で阿弥陀様を意識しながら楽しい一夜、猛暑日となったお泊まりキッズサンガ2日目もみな元気に楽しみました。
a0144016_03592372.jpg
a0144016_03592396.jpgAM6:30 ラジオ体操
赤いネームタグは中学生スタッフです。
ラジオ体操も一番前に並んで小学生をリードしてくれます。
a0144016_04005237.jpg中学スタッフパワー
庫裡でも朝早くから中学OBスタッフが片付けものの手伝をしていてくれます。
日曜学校を巣立った子がこうして手伝ってくれる、有り難いことです。

a0144016_04005235.jpg蚊帳たたみ
子どもたちがラジオ体操している間に、蚊帳を外し畳んでいきます。
蚊帳は独特のたたみ方、2人でしないと旨く片づきません。
a0144016_04013127.jpg布団あげ
ラジオ体操が終わったら、全員でお布団をたたみすみっこに積み重ねます。
a0144016_04013122.jpgAM7:00 お朝事
合掌礼拝
「お経の本を頂いて!」
朝のお勤め「お朝事」が始まります。

a0144016_04013109.jpg正信偈
お勤めは正信偈草譜六首引き、正味30分かかりますが最後までチャンとお勤めできました。
このお勤めができればお泊まり会は大成功です。
a0144016_04021920.jpg洗面所
向拝に特設した簡易洗面所、減圧弁のおかげで良い水量で顔を洗うことができていました。
a0144016_04021950.jpg朝食準備
各テーブル8名、8客並べて朝食会場です。
ご飯と味噌汁、お漬け物とふりかけと海苔、至ってシンプルな朝食です。
a0144016_04021907.jpg朝食
全員で食前の言葉を言って合掌して食べ始めます。
シンプルすぎる朝食ですが、ご飯も味噌汁もお代わりする子がたくさん有りました。

a0144016_04021942.jpg朝のデザート
ご飯は質素でシンプルですが、デザートの果物は豪華版です。
北海道の長沼産夕張メロン、新潟の桃、など全国からこの日のために送られてきたフレッシュフルーツです。
a0144016_04021926.jpgフルーツバイキング
さいしょ表面の酸化した桃は敬遠していましたが、ある子が茶色い桃旨いぞ・・・と美味しさを発信したら、見てくれより味の分かる子どもになりました。
a0144016_04021987.jpg食後の言葉
お泊まり会では三回の食事をだしますが、ちゃんと座ってごちそうさまのできるのは、朝ご飯だけです。
まだまだ、フルーツ食べている子もいますが、一度ご馳走様をします。

a0144016_04021988.jpg盆おどり練習
13日の夜行われる「正尊寺盆おどり大会」で踊られる『おやま音頭』の練習です。
ポケモンGOルアーモジュール奮発するでおいでよと、誘いも入れておきました。

a0144016_04021938.jpgおやつ
朝から気温はグイグイ上がり、おやつのカキ氷もオモチャにされてしまいます。

a0144016_04032423.jpg室内オリンピック
2日目のお楽しみは恒例の室内オリンピックです。
昨夜中学生スタッフと考えた5種目競争です。
今回は生活班の人数ばらばらなので、じゃんけんで13名ずつ4班作りました。
住職疲れているのでゲームもせず手抜きです・・・
a0144016_04032488.jpg
a0144016_04042823.jpg宝探しスタート
室内オリンピックの最終種目、フィギアの生き物探し競争。
今年は境内に鉄板が敷いてあるので、スタートラインを参道にしました。
大きく広がり転倒者も無く正解でした。
a0144016_04042822.jpgGetだぜぇ
初参加の一年生、おそるおそる巨大蟻をGetしました。
a0144016_04042844.jpg成果を並べる
探してきたアイテムを畳の縁に一列縦隊にします。
このあとのボーナス点が気になる子どもたち。
a0144016_04042800.jpgボーナス
住職のiPadに格納されているアイテムを採ってきたチームには60㎝のボーナステープが加算されます。
ボーナスアイテム採ってきた子は、ガッツポーズで嬉しそう。
a0144016_04042891.jpg計測
巻き尺で測って㎝の長さがそのまま得点になります。
大逆転のチャンスがある種目です。

a0144016_04042806.jpg優勝
大きな景品に喜ぶ優勝チーム。
さらに副賞として流しソウメンのポールポジションも獲得しました。
a0144016_04051139.jpg準優勝
七里とイギリスから来た子チームが準優勝。
僅差で悔しがるお寺子女でした。
a0144016_04051144.jpg流しソーメン
本堂で室内オリンピックをしている間に、18mの流しソーメンの設営が進みます。
60名が一度に食する1本水路、水流の微調整入念です。
a0144016_04051187.jpgターフやテント、パラソルを使って日陰をつくり、素麺フィシングゆっくり楽しめるように準備完了です。
a0144016_04051110.jpg食前の言葉
準備完了を確認し、本堂では全員で食前の言葉を唱えます。
あとは各自お汁と箸を持っているので、心の中で合掌してから食べ始めるように指導です。
a0144016_04051125.jpg優勝チームが中流の座って食べるところを選択、一番上流へ来たのは、準優勝のお寺子女達・・・背伸びして食べていました。
a0144016_04051147.jpg最下流のザルに落ちるソウメンを丸くなって食べているの最下位チームです。
これも毎年お泊まり会ソウメン流しの風物詩です。
a0144016_04051112.jpgソウメン流しが終わった頃、20年前に参加していた子たちが子どもを抱いてやって来ました。
あと5年もするとサマースクール二世が泊まりに来そうです。
正尊寺お泊まり会は安泰です。
a0144016_04051181.jpg俳句ひねり
2日間の思い出を五七五の俳句に残そう。
思い思いの場所で寝転がって、俳句をひねっていました。
a0144016_04060845.jpgPM1:00 集合写真
住職のこの後の予定もあり、午後からは少しず早めに進めていきました。
a0144016_04060835.jpgPM1:10 閉会式
ここでもお勤めは『真宗々歌』だんだん大きな声で歌えるようになってきました。
来年は8月7日(月)~8日(火)です、また来てくれますように。
a0144016_04060876.jpg忘れ物確認
荷物を持って再度集合、忘れ物を一つ一つ確認です。
男子のシャツやパンツの忘れ物けっこう有りました。
お茶のみコップも忘れず確認です。
a0144016_04115149.jpgPM1:30 解散
予定より30分早くすべてのプログラム終了。
保護者が向けに来るまで、惜しむように遊ぶ子どもたち。
元気です。

スタッフお手伝いの皆様お疲れ様でした。
2日間ありがとうございました。
←前日へ

※ 去年のお泊まりキッズサンガ











第22回正尊寺お泊まりキズサンガ、天候にも恵まれ今年もにぎやかに開催されました。
a0144016_12040474.jpg
a0144016_12040442.jpg
申込締め切りは先月25日、その時点で29名の参加予定者でした。
今回は若者スタッフも予定無くこぢんまりと開催しようと思っていましたが、ここ一週間で門徒子弟申込が相次ぎ60名を超えてしまいました。
しかも男子37名、女子24名と賑やかになりそうな予感でした。

a0144016_12040411.jpg
PM1:00 集合
大きな荷物を抱えた子どもたちがやってきます。
今回は向拝看板の作成で、モノクロ印刷してしまった物を裏側に貼りつけました。
これは正解です、縁側からでも行事内容が見ることができす。

a0144016_12040495.jpg
オリエンテーション
おおかた集まったところで、2日間のお約束や注意をします。
☆おやくそく☆
★仏さまに足を向けないようにしよう
★本堂にあがるときはクツをそろえよう
★立入禁止のところへは入らない
★せいてん・念珠を床にじかに置かない
★宵あそび、ゲーム、おやつなどの時、決められたルールは守る
◎スタッフの言うことは守るa0144016_06433756.jpg

a0144016_12040406.jpg
開会式と学習
『らいはいのうた』のお勤めのあと、少しの法話とお焼香の練習だけで、簡単に済ませました。

a0144016_12040465.jpg
おやつタイム
おやつはカキ氷、猛暑日でのお泊まり会、長い列ができていました。

a0144016_12040485.jpg
シロップ
イチゴ・レモン・ブルーハワイ・マンゴの4色と練乳です。
思い思いのシロップかけ、最後は美しくない茶色の混色になってしまいます。

a0144016_12071793.jpg
ハス茎ストロー
ハスの花の茎を使ってリンゴジュースを飲みます。
大きな葉っぱの上に垂らされたジュースが長い茎を通って吸える、不思議な体験です。

a0144016_12071781.jpg
クラフト
プラバン工作出キーホルダーを作ります。中学生スタッフがサポートしてくれ、60名のキーホルダ何とか作ってあげられました。

a0144016_12071757.jpg
熱で縮むプラバン、油性ペンでないと色落ちします。
参観していた父兄から色鉛筆でも書ける方法があると情報入手、来年は新たな方法考えよう。

a0144016_12071727.jpg
入浴注意
クラフトの時間が終わると、お風呂に行きます。
その前にはしっかりと諸注意をしておかなければ成りません。
今年は『入浴の心得』手ぬぐいを別院からもらったので、それを使って入浴作法を説明です。

a0144016_12071774.jpg
バスで出発
今年も超宗寺さんが学童バスを出してもらえ、日本料理「乙姫」さんの送迎バスと、正尊寺ワゴンの3台で60名余一斉に運ぶことができました。

a0144016_12071704.jpg
かけぼら苑
お風呂は岐阜市焼却場の余熱を利用した、かけぼらの湯です。
公共施設ですが、予約しておくと一部屋貸し手もらえ、ブルーシートを敷いて靴置き場を作っておいてもらえます。

a0144016_12071787.jpg
入浴
子ども達には『入浴の心得』手ぬぐいを鉢巻きにさせ、一般客の迷惑にならないよう注意しますが・・・・
子ども達は大浴場に入ると興奮してしまうのです。

a0144016_12071759.jpg
湯上がり
子ども達の水分補給にお茶・スポーツドリンク・カルピスを冷やして持って来ました。
子ども達一番人気はカルピスで、1リッター2本すぐ無くなってしまいました。
※来年からカルピス沢山準備

a0144016_12080966.jpg
PM5:30 帰還
お風呂も段取りよく、早めに帰ってくることができました。


a0144016_12080961.jpg
まきまきパン準備
子ども達がお風呂へ行っている間、厨房では夕食準備が進められています。
サイドメニューのまきまきパンの種も作ります。

a0144016_12080959.jpg
パン発酵
今年も細めの竹を使い、細型フランクソーセージに合うようタネも小さめに作られました。

a0144016_12080953.jpg
火おこし
スマートBBQで憶えたチムニースタータのお蔭で、まきまきパン開始30分前着火するだけで、ブロアーも団扇も使わず炭が熾せるようになりました。

a0144016_12080921.jpg
お夕事
お勤めは『真宗々歌』で短縮型、法話の代わりに『いのちをいただく』紙芝居です。
今年は、藤原院代くんが担当、子ども達全員聞き入っていました。
a0144016_12080991.jpg
食前の言葉
まきまきパンから始まる野外夕食、お外に出る前に全員で「食前の言葉」です。『いのちをいただく』を聴いたあと、素直に合掌してくれます。

a0144016_12080938.jpg
まきまきパン
お助けスタッフの指導を良く守り、遠火でゆっくり回しながら、上等なパンが焼けていきます。



a0144016_12080912.jpg
仏壮集合
子ども達がまきまきパンに興じる間に、仏壮のサンガスタッフはカレーライスをおつまみにビールでクールダウン。
※仏壮の食事会場はエアコン効いた庫裡広間に準備して、ゆっくりしてもらうこと。
a0144016_12085115.jpg焼き上がり
正蓮寺さんと教徳寺さん、今年もまきまきパンの焼き場係をしてもらえました。
適切なアドバイスのおかげで、みんな上手に焼けました。
a0144016_12085148.jpgカレーライス
まきまきパンを食べたら、厨房の回転釜から直接かけてもらうカレーライスです。
大量に作ったカレールー、お代わり何杯もする子もありました。
a0144016_12085176.jpg心配の雨模様
東の空に真っ黒な雲が迫ってきます。
iPhoneの雨雲レーダーを見ると、とても危険な状態、雨粒が来る前に撤収を指示しました。
a0144016_12085128.jpgBBQコンロ移動
雨が降っても良いように、車庫の屋根下へコンロを移動し、まきまきパンは続行です。

正尊寺お泊まり会、子どもたち一番のお楽しみは夜の縁日を模した『宵(よい)あそび』です。
今年も仏教壮年会の協力で8ブースの遊び広場ができました。
毎年少しずつクウォリティーを上げています、子どもたちは目を輝かせてチケットの入った金魚袋を握りしめ走り回っていました。

a0144016_12085199.jpg

チケットは幼児でも解るようにイラスト入りでラベルマイティで作ります。
A3を64分割してカラーコピーして印刷経費を抑え、楽しい遊び券を作ります。
金魚袋に名札も貼りつけ、小さい子が亡くしても出てくるようにちょっとした配慮も施します。
a0144016_12085258.jpg

宵あそびのブースにはそれぞれ2・3人のテキ屋さんが必要です。
仏壮会員や日校OBスタッフが沢山集まってもらえるからこそ、このお楽しみをすることができます。
大人も子どもも一緒につどい、一緒に楽しむのがキッズサンガです。
a0144016_12085254.jpg
a0144016_12085215.jpgPM9:00 就寝準備
宵あそびを充分楽しみ、大満足で就寝準備が始まります。
いつもの「松村布団店」の薄い敷き布団をみんなで敷き詰めます。



a0144016_12094426.jpg布団敷き
布団を敷き詰めシーツを掛け、枕に掛け布団セット完了、子どもたちは歯磨きタイムで外に出し、蚊帳吊り紐が下ろされます。
a0144016_12094475.jpg蚊帳つり
8畳用蚊帳8面、外陣に張り巡らします。
最初は低めにだんだん微調整、びっちり蚊帳の大寝床が完成します。

a0144016_12094491.jpg寝床決め
蚊帳の中には6枚の布団、そこへ8名ずつ入れ込みます。
整理役の住職に文句を言いに来る子が後を絶ちません。遠慮気味の子は入る所が見つからない・・・・どんどん空いているところにほうりこンで行きます。

a0144016_12094419.jpg寝れない
蚊帳に入れたらあとは勝手に寝なさい。
みな興奮してなかなか眠れません。
お泊まり会の寝れない長い夜が始まります。
a0144016_12094486.jpgスタッフ会議
本堂は騒がしくても、明日の室内オリンピックの準備、中学生スタッフと一緒に進めます。
中1の子は1年で出世、誇らしげにスッタフ会議手伝ってくれます。
   翌日へ→

※ 去年のお泊まりキッズサンガ






a0144016_07024667.jpg
今年も海の日の7月18日は根尾水鳥西光寺さんを会場にした、中川北組キッズサンガ研修会に参加です。
梅雨の合間の晴かと思っていたら、突然の梅雨明けとなったことを根尾の西光寺に行ってから聞きました。

a0144016_07025817.jpg12:30 出発
正尊寺からはワゴン車2台と自家用車1台、子ども11名と大人9名の参加です。
a0144016_07025843.jpgPM1:00 西光寺到着
昨夜帰省した孫も一緒に参加、2年生になったR君が今年もお世話をしてくれます。
a0144016_07025802.jpg会場の西光寺さんへ到着すると、向拝縁で受付をします。
副組長さんが電子タバコを燻らせながらの対応、こども達に害もなく良い感じでした。
a0144016_03554213.jpg
名札に名前を書いてもらい、それをケースに入れるとき、受付表に記録しておきます。
中川北組の後出し参加者名簿作成術です。
名札はラベルマイティーで簡単作成です。


a0144016_07035252.jpg本日のプログラムが張り出してありました。
会場の本巣市根尾はこの地独特のゆったりとした時間の流れがあります。
補には時間が刻んでありますが、大らかな目明日と考えなければなりません。
a0144016_07035219.jpg庫裡厨房では流しソーメンやミニピザの仕込みが始まっています。
正尊寺からも仏婦役員3名が協力してもらえました。
a0144016_07035255.jpgPM1:40 開会式
参加者の集合が遅れ気味で、10分遅れで開会式が始まりました。
お勤めは、大長老の最乗寺さんが担当の『らいはいのうた』で、皆んな一生懸命お勤めできました。
a0144016_07035261.jpgPM2:00 出発
時間が押したので、準備体操は省略して、ワークラリー出発でした。
靴を履いて向拝で記念撮影をしてから、いっせいに山門くぐって出て行きます。
a0144016_07044647.jpgPM2:10 水鳥墓地到着
根尾水鳥地区には立派な龕薦堂(がんせんどう)をを備えた火葬場があります。
今日のウォークラリーと言うよりも、単なる移動で、研修地に到着です。

a0144016_07045909.jpgレトロな火葬場火炉の入り口で、中島前組長さんから法話です。
お名号の石碑に囲まれた、火葬場での説教は生死にリアリティを感じさせてくれていました。
a0144016_07052241.jpg火炉の上には『往相門』『還相門』の金文字札が掲げてあり、ロケーションを十二分に利用した法話、こども達の心に聴き置かれたことでしょう。
a0144016_07052641.jpgPM2:20 おやつ
お墓の隣には樽見鉄道の駅があり、屋根付きの自転車置き場があります。
そこでおやつのカキ氷屋さん始まりました。

a0144016_07065140.jpg発電機持参
これさえ有れば何処でもカキ氷屋さんが開店できます。
HONDA-EM900Fは今年も快調に発電をしてくれました。
a0144016_07065672.jpg氷ミツ
今年は3色、定番のイチゴ・ブルーハワイに黄色系はマンゴーにしました。
ペットボトルにアイスピックで穴を開け、簡易のスクイーズボトルにして使います
a0144016_07070577.jpgPM2:38 レールバスが
1時間に1本しか走らない樽見鉄道、おやつを食べながら遭遇です。
持参の氷3貫目6P、1個残りおかわり自由でちょうどでした。
そろそろ、おやつも終了しお寺に帰ります。
a0144016_07070987.jpgPM3:00 帰還
梅雨明けの日差しをいっぱい受けて、お寺に帰ってきました。
根尾の山々は空気を浄化しているようで、暑くても清々しい感じでした。


a0144016_07071389.jpgPM3:07 遊戯あそび
本堂内に9ブース、あひるでぽん・入れてネット・わりばしダーツ・ビン倒し・ストラックアウト・豆つまみ皿移し・神経衰弱・輪投げ・射的と盛りだくさんのゲームコーナーが有りました。
a0144016_07073467.jpgPM5:23 念珠作り
子供たちが遊戯遊びで盛り上がりだした頃、縁側では腕輪念珠作りが店開きです。
しっかり準備されたアイテムで子供も大人もちゃんと作れました。
a0144016_07073860.jpgミニピザ
西光寺のBBQスタッフ毎年学習して要領が格段に良くなっています。
今年は焦げる事もなく四角いミニピザ大量に焼いて貰えました。
子供も大人も大うけです。
a0144016_07074351.jpgPM3:55 ソウメン流し
水鳥は孟宗竹の宝庫、毎年新しい青々した割竹でソウメン流しを楽しめます。
ミニトマトやキュウリも一緒に流れてきます。

a0144016_07075075.jpgタコ焼き
途中タコ焼きも本堂に運ばれてきました。
冷凍タコ焼きの焼き直しですが、美味しいくすぐに無くなってしまいました。

a0144016_07082031.jpg本山に協力
本山で推進している、キッズサンガの進化形「子ども若者ご縁づくり」の標語募集に協力です。
書きやすいように、A4の紙を準備しましたが鉛筆持っても子供たちはなかな筆が進まず、さて!良い作品が出るでしょうか?

a0144016_07083450.jpgPM4:40 雅楽を体験
先日のスッタフ寄り合いで出た今回の新企画です。
子供たちに本物の雅楽を体験させようという物ですが、時間が押して聞くだけになりました、やはり本物は子供の心も捕らえました。
a0144016_07083821.jpgPM4:55 閉会式
時間が押したので、雅楽の生伴奏での『恩徳讃』はそのまま閉会式用となりました。

組内のご院さん方、スタッフのご門徒方お疲れ様でした。
a0144016_07084235.jpgPM5:17 温泉到着
子供たちお楽しみの根尾うすずみ温泉到着です。
駐車場にはまだ沢山の車が駐まっています。
これでは余りはしゃげないかも!!


a0144016_07084522.jpgPM6:05 入浴終了
撮影禁止の張り紙があちこちに貼ってあり、他のお客さんも多かったので、いつもの裸写真は無しでした。
今回お土産でもらって腰に巻いた「入浴の心得」手ぬぐいを掲げての集合写真となりました。

PM6:35みな元気に正尊寺まで帰り解散しました。
※去年の中川北組キッズサンガ



a0144016_04003914.jpg
a0144016_04005143.jpg今年もGWのまっただ中の5月4日午後1時半から、お釈迦さまのお誕生祝い花まつりと親鸞さまの誕生祝い降誕会(ごうたんえ)を開催しました。
a0144016_04004549.jpg前日3日には日曜学校こども達や婦人会関係の方がお花を持ち寄り、花御堂(はなみどう)を作りました。
a0144016_04005817.jpg年々少なくなる日曜学校生、しかも連休期待していなかったのに、たくさん来てくれ〒、フラワーアレンジメントも沢山できました。
花御堂の周りを飾るのに、充分すぎるほどできました。
a0144016_04010433.jpg低気圧接近か、強い南風が吹くなか、孫を送ってきたお爺ちゃんと住職で、花御堂を本堂まで運び込みました。
a0144016_04011286.jpg今年は若院が本山の学校で一緒だった友人を5人つれて帰ってきてくれました。
若い働き手が増え、飾り付けの準備も快調、風船も150個と例年に無くたくさん膨らますことができました。
a0144016_04011994.jpg5月4日当日には、本堂縁の甘茶コーナーには、甘茶の材料や効能ひと目で分かる『甘茶のひみつ』と題した説明板も作り、楽しんでもらえるように一手間かけました。
a0144016_04012582.jpg午後1時婦人会の役員さんは会費徴収の受付を作り、張り切っておいででした。
花まつり幟も初披露しました。
a0144016_04013193.jpg京都から来た若いお坊さんにはインド風の衣の着方で、手伝ってもらいました。
皆んな成りきって、雰囲気盛りあがりました。

a0144016_04013577.jpg献灯献花(けんとうけんか)
今年は子どもの参加者も多く、10対20名の献灯献花部隊がすぐにできました。
練習無しの、ぶっつけ本番です。
a0144016_04014085.jpg練習無しをカバーするため、二人のインドのお坊さんが介添え役で、お供えのお手伝いでしたが、とても様になっていました。
a0144016_04014844.jpg棚からぼた餅のアイデアでしたが、貧者の一灯を思い起こさせるような、とても絵になる演出になりました。
a0144016_04015273.jpg灌仏(かんぶつ)
お釈迦様のお生まれになった姿(誕生仏)に甘茶をかけます、式中には日曜学校・仏教婦人会・仏教壮年会の代表が内陣に上がって甘茶を3回づつかけました。

a0144016_04015767.jpg勤行(ごんぎょう)
お勤めは「らいはいのうた」満堂になった本堂あみだ仏をおがまなんとこども達も力おっぱい、響き渡っていました。
a0144016_04020138.jpg讃歌斉唱
花まつりの歌としんらんさま、サリーを着た京都女子大学に勤めるピアノの先生が、伴奏してもらえ、とても歌いやすく、みんな大きな声が出ていました。
a0144016_04020551.jpg祝辞
日曜学校代表はK藤はるき君、立派な祝辞でした。
a0144016_04020891.jpgインドのお坊さんスタッフはマイク係もさまになっています。

a0144016_04021272.jpg仏教婦人会々長の祝辞も立派でした。
じつは日曜学校代表祝辞のお祖母ちゃんでもあります。
こうして3世代集まってもらえる、うれしい法要です。
a0144016_04023440.jpg仏教壮年会々長の祝辞、仏壮会員も多数参加で代表としてお祝いの言葉を頂きました。
a0144016_04023806.jpg住職法話
レジメにプリントしてある、謂われを読ながらの法話ですが、今年は熊本の大地震にもふれ、義援金のお願いもしました。
a0144016_04024257.jpg新一年生のお祝い
今年は8名の新一年生が来てくれました。
28名の該当する子にお便りを出しましたが、GWの真ん中、他のイベントさ差し置いてこんなに来てくれました。

a0144016_04024628.jpg新しいお念珠で、合掌礼拝の作法教えてもらい、アミダ様にお礼の礼拝みんなでしました。
a0144016_04025217.jpg休憩
法要式典が終わると、しばらく休憩です。
お内陣に上がって花御堂で甘茶をかけるのも自由です。
ココにもインドのお坊さんが義援金箱持って灌仏手伝ってくれました。


a0144016_04025696.jpgお供えのシュークリームも下げられ、参詣者に配られます。
120個貼り付けてありましたが、5個しか余りませんでした、赤ちゃんやオジサンで貰わない方もあったので、良かったですが・・・数読み危ない所でした。
a0144016_04030000.jpg熊本義援金
インドのお坊さんたちこまめに集めて回り、子どもの行事なのに・・・
17,325円も集まりました。
別院を通して、被災したお寺の復興に役立てて貰います。
a0144016_04030691.jpgビンゴ大会
休憩の間に舞台が設営され、アトラクション代わりに、お下がりをビンゴ大会で取り合います。

a0144016_04031269.jpg100名以上で空くじ無しの大ビンゴ大会、何故かこれが大人も熱くなって盛り上がります。
a0144016_04031737.jpg解散
ビンゴ大会が終わると、外陣を飾っていた風船が下ろされ、これもお土産に配ります。
紐に縛られた風船を欲しがる子どもの前で解体するの忙しいことです。
a0144016_04032262.jpg飾ってあった花の苗をお土産に1人二株差し上げます。
今年は大勢だったのでほとんど無くなりました、うれしい悲鳴です。
参加のご家庭で花まつりの思い出がしばらく咲いていることでしょう。
a0144016_04033751.jpgお土産と思いで一杯持って家路に向かいます。
こども達は日曜学校やキッズサンガ待ってます。
大人の方は真宗講座必ず聴聞してくださいよ、と願いを込めて見送りました。
※去年の花まつり・降誕会