平成28年 第3回  十三参(じゅうさんまいり)
3月20日お彼岸のお中日午後1時から、第3回正尊寺十三参りが開催されました。
定員を1人超えた11名の参加でスムーズに進行できるか心配しましたが、厳粛に参加者も家族も心に残る人生節目の十三参りとなりました。
a0144016_08033042.jpg
a0144016_08033689.jpg今年は早々と申し込み定員に到達し、確認のために最終案内葉書も出しました。
3月13日の日曜日にはアキモの貸衣装試着会もしました。
a0144016_08034161.jpg記念品は京都の念珠屋さんで特別にあつらえた「星月菩提樹」の実で作った腕輪念珠、オリジナルシールの貼られた缶ケースに入れて渡されます。
一文字揮毫も住職の贈る言葉入りです。
a0144016_08035186.jpg本堂お内陣アミダ様の横に記念品と初参式手形がお供えされ、十三参りの子どもたちを待ち構えています。
a0144016_08035509.jpg心配した雨も上がり、風は少々吹いていましたが、青空の春彼岸の中日、定刻一時間前には家族連れで集まって来られました。 
a0144016_08040003.jpg貸衣装のお子さんは、庫裡広間を障子屏風で囲ったお着替えスペースで、アキモのオーナさん直々に着付けをしてもらっています。
a0144016_08040548.jpg貸衣装の料金にセミプロカメラマンのポートレートも付加されていて、切れ英に仕上がったハイカラさんとご家族の写真撮影が金屏風の前で続いていました。
a0144016_08060093.jpg皆さん定刻より早く集まってもらえ、お着替えも終わったので日程説明などをして、15分前には本堂に移動することができました。
a0144016_08060778.jpg本堂外陣正面には緋毛氈(ひもうせん)とに11客の椅子が横イチに並べられ、誕生日順に座ります。
開式前にお焼香の作法のレクチャーです。
※お参り初めての子もいます、お念珠の掛け方もしっかり教えなければ・・・
a0144016_08061178.jpgここまで段取りよく進み、定刻より8分早く換鐘が打たれました。

※ 当日のプログラム詳細
a0144016_08061512.jpg住職が入堂し登礼盤してお勤めが始まりました。
お勤めは
・至信禮(ししんらい)
・表白(ひょうびゃく)
・本願成就文(大経のエッセンス)
5分で終わります。
a0144016_08062030.jpg参加者へはラミネートしたお経コピーを作り、毎年使えるようにしました。

a0144016_08062521.jpg住職が外陣に降りると、順番にお焼香です。
※カメラマン曰く、丸柱が邪魔になるので、敷居の上に毛氈敷いて並ばせた方が良い。
a0144016_08063526.jpg住職からの法話は15分以内、子ども達の反応を見ながら話すと、くどい説明になりそうで焦りました。
a0144016_08063955.jpg記念品授与は一人ひとり名前を呼んで、手渡します。
6名の子には初参式手形も返却されました。
今年の13歳の中には平成16年初参式に参った子が何人かあり、HPで回想することも出来ます。

a0144016_08064393.jpg本堂最後の次第は、集合写真撮影です。
椅子を並べ2列で全員写るようにセッティングです。
a0144016_08064798.jpg集合写真
※かろうじて全員の顔は写っていますが、ちょっと余裕を持って並び順も考えなければと反省です。
a0144016_08065138.jpgご家族の皆さん撮影会です。
a0144016_08065744.jpg10分前倒しで開式で正解でした。
法要終了には人数が多いぶん40分かかりました。
急いで庫裡へ移動です。
a0144016_08070185.jpg庫裡に移動して毛氈に座ります。
a0144016_08070597.jpg十三参りで大人を感じてもらおうと、お抹茶のお接待をします。
a0144016_08071385.jpgお菓子を勧めながら、飲み方を簡単にレクチャーです。
「お子ちゃまはこれを苦いと感じ、大人はおいしいと感じますよ・・・どっちかな?」
マズいと言われる前に先手を打ちました。
a0144016_08071769.jpg緋毛氈と金屏風、正装して若者、凜としたお茶会の様相でした。
4年前の大遠忌法要そろえた抹茶茶碗が毎年活躍してくれます。
a0144016_08072118.jpg記念色紙に一文字揮毫、お着物の女子は墨をこぼさないように気を遣い、和紙用筆ペンで書いてもらいます。
a0144016_08072436.jpg今年の男子は決断早く、7人アッという間に書き上げてくれました。
a0144016_08092646.jpg皆それぞれ思い思いの達筆を披露してくれました。
a0144016_08073373.jpg親子で記念写真・・・
その後ろでは住職が新聞記者に取材されていました。
2日後の岐阜新聞にカラー写真で掲載されました。
反省:時間に追われ、浄土真宗のコンセプトしっかり伝えられませんでした。
a0144016_08073810.jpgいつも日曜学校に通ってきた元気印の子たちも、もう中学になります。
赤ちゃんの時から見てきた子の成長は住職も顔がほころびます。
a0144016_08074157.jpg式も終わり家族の皆様にもお抹茶が振る舞われました。
住職は午後2時から本堂で永代経のお勤めですが、参加者皆さんはゆっくりお茶と撮影楽しんでもらえました。
a0144016_08080782.jpgせっかく天気も良いので、屋内だけでは勿体ないと、カメラを持って境内へ出て撮影会は続きます。
a0144016_08081151.jpg11人の十三参り、皆様用こそお参りくださいました。
心に残るすばらしい式になりました。これからは、法要や法座へもご一緒にお参りくださいね。

フォトブックは後日制作し、贈らせてもらいます。
※去年の十三参り

by shoson-kids | 2016-03-20 14:00 | 行事 | Comments(0)
<< 28年4月 正信偈とお菓子タワ... 28年2月 正信偈と押花コースター >>