第6回目になる正尊寺十三参り、今年もお彼岸のお中日21日午後1時から開催されました。申込者9名(女子1名欠席)男子は1名のみで『蒼一点』十三参りの式典引き締め役になってもらえました。
a0144016_05330398.jpg
a0144016_05332416.jpg
a0144016_05345566.jpg庫裡の会場設営、緋毛氈に金屏風が艶やかですが、保護者関からの距離を考えると畳み2枚分前に出した方が良さげでした。
初お目見えの丸テーブル柔らかくイイ感じです。
a0144016_05345400.jpg障子衝立で仕切られたお着替え室、7人の女子のうち3人とお茶運びの一人がここで『あきも』の簡単着物着せ替えします。
a0144016_05345440.jpg呈茶のお菓子は平成最後の十三参りの思い出にと、平成道の駅で仕入れた『平成饅頭』です。
桜の干菓子と、桜色の小たべちゃんも彩り添えました。

a0144016_05345518.jpg正午を過ぎる頃には少し大人びた参加者が、着付けに登場です。
a0144016_05345533.jpg7人の和装参加者、それの介添えでお祖父ちゃんやお祖母ちゃんもたくさん、庫裡広間は賑やかになってきました。
a0144016_05345501.jpg小学校卒業式用にと誂えた着物、学校が和装禁止を発表し行き場の無かったこの子も、正尊寺十三参りで晴れ姿ご両親に見せる事ができました。
a0144016_05374667.jpgインスタ枠も健在、皆さん枠に入って記念写真です。
a0144016_05374611.jpg(ハッシュタグ)正尊寺でInstagramに投稿してちょうだい、と宣伝しましたが、今のところ効果無しが残念です。
a0144016_05374714.jpg家族総出でのお参り、有り難いご縁が紡がれていく十三参りです。
a0144016_05374700.jpgスポ小の退団式と重なり参加が危ぶまれたIくん、定刻に到着して『蒼一点』式典に色を添えてくれました。

a0144016_05374742.jpg今年は地元紙「中日新聞」の記者が取材にきてもらえ、近日中に掲載されるようです。
中日新聞購読の方はお見逃し無く。
a0144016_05374798.jpg住職はお葬式で開式10分前にギリギリ帰還し、オリエンテーションを始めました。
a0144016_05374724.jpg開式5分前、全員庫裡から本堂へ移動します。
a0144016_05374774.jpg受式者はここでも緋毛氈の上の椅子に誕生日順に整列、院代さんからお焼香の作法を教えられます。
a0144016_05383287.jpg午後1時雅楽似合わせ住職が登壇、お勤めがはじまります。
a0144016_05383242.jpg何時も元気な少6の児童も神妙に合掌礼拝してくれます。
a0144016_05383248.jpgお勤めが終わり住職が外陣に降りると、一人ひとり名前を呼ばれお焼香です。
a0144016_05383233.jpg住職からの法話、十三参りの謂われと『御蔭様』と書かれた記念色紙の意味から児童から生徒へと成長していくはなむけのお話しです。
a0144016_05383375.jpg毎回飛行機で旅する題材を譬えに、この人生墜落する事無くお浄土へ着陸できるよう力が入り、3分ほど長くなりました。
a0144016_05383365.jpg記念品の腕輪念珠と色紙、初参式の手形も額装し変換します。
a0144016_05383374.jpg平成19年初参式20年初参式を受けた赤ちゃんが、小学校卒業時には一段と背も伸び、住職を越えるような成長した子も居ます。
a0144016_05383311.jpg閉式後、赤ちゃんの時の手形を持って記念写真を撮る家族、今日の日が人生の流れの中で大きな意味を持ってくれる事でしょう
a0144016_05401376.jpg10分程遅れ、庫裡へ皆さん移動します。
本堂は2時から永代経法要が勤まります。
a0144016_05401352.jpg庫裡に戻ると緋毛氈に座り、呈茶の接待を受けます。
今年も高校になったミキちゃんがお運びのお手伝いをしてくれました。
a0144016_05401342.jpg神妙に正座しお茶の接待を受ける子どもたちに向かい、シャッター音が炸裂します。
※毛氈とギャラリー席を詰めた方がが良い
a0144016_05401317.jpg艶やかな風景です!
a0144016_05401394.jpg蒼一点のIくん背中を丸くして萎んだ姿が、郷愁を誘います・・・普段はメチャメチャ元気印なのに。
a0144016_05401321.jpg抹茶の大人の味はどうかな?
a0144016_05401380.jpgギャラリー席のご父兄にもお抹茶が配られ、しばしの歓談です。
a0144016_05401332.jpgお茶をよばれリラックスのギャラリー席とうって変わって、子どもたちは一文字揮毫に挑戦です。
a0144016_05404443.jpg衆目の中でのお習字、みんな緊張しながら筆が進みません。
a0144016_05404471.jpgお祖父ちゃんお祖母ちゃんが助っ人で近寄り、応援隊も作られます。
a0144016_05404410.jpgこのロケーションでも頑張ってダイナミックな書き染めになっていました。
a0144016_05404458.jpgみんな良い字を残してくれました。
a0144016_05404414.jpg午後2時には終了、その後も家族で写真を撮ったりまたりタイムでした。
住職は既に永代経のお勤めで本堂内陣に座っていました。

今回もお手伝サポートの皆様有り難うございました。
※去年の十三参り

# by shoson-kids | 2019-03-21 15:00 | 行事
平成30年8月7日、今年はかつて無い高温注意情報が毎日発令され、災害レベルの猛暑のなかで第24回正尊寺お泊まり日曜学校が開催されました。
去年は台風でプログラムの変更をしましたが、今年は熱中症の心配からプログラムを変更して開催です。
a0144016_08104124.jpg
1日目夕方の炭火を使うまきまきパンは、幼児も多く取り止めにして、エアコンの効いた庫裡でのカレー夕ご飯にしました。
就寝も本堂と庫裡を併用し、本堂のカヤの数を減らしました。

a0144016_08104174.jpg
a0144016_08104158.jpg梅雨明けから猛暑日の連続、8月入っても体温を超える日がずっと続いています。
a0144016_08104171.jpg早朝から下ごしらえを手伝って下さった、参加者のお祖母ちゃん準備を終えて一段落、家族の昼食準備に一度お家に帰っていかれました。
a0144016_08104269.jpg暫くするとお寺の南の道路交差点が賑やかです。見に行くと先ほどまでお寺にいたTさんの車、一旦停止不履行の車に衝突されたようです。
念のため救急車で病院搬送されましたが、擦り傷だけで済んだそうでやれやれでした。
a0144016_08114620.jpg今回は申込40名、男子24名女子16名の内、中学生スタッフ3名、小6が4名、小4が8名、小3が9名、小2が1名、小1が4名、幼稚園が11名とかなり小粒でまとまりました。
a0144016_08104234.jpg午後1時前、保護者に付き添われた子どもたちが本堂へ上がり、黒板に貼られた班別表とプログラムを見ながらワクワクです。
a0144016_08104285.jpg開会式では『らいはいのうた』を一緒にお勤めします。
a0144016_08114690.jpg暑いので早めにおやつタイム、カキ氷歯クールダウンに持って来いです。
a0144016_08114652.jpg蜜は定番に加え、紅茶シロップや梅シロップも出してみました。
a0144016_08114654.jpg縮むプラバンキーホルダー作り、今年はオリジナル缶バッチをと思いましたが、住職時間が無く準備できず例年通りとなりました。
a0144016_08114603.jpg今年は人数が少なめで楽にできました。
a0144016_08114798.jpgお風呂は網代のカケボラの湯、小粒の幼児は風呂無しで食パンマン号と乙姫号で楽々行けました。
a0144016_08114726.jpg騒ぐなと言っても、元気印プール感覚で楽しんでいました。
a0144016_08114708.jpg風呂から上がると控室で飲物水分補給、カルピスとファンタグレープが人気です。
a0144016_08143552.jpg事前に孫とプールに来て予約、今年もちゃんと張り紙してクツ置き場控室を用意してもらえました。
a0144016_08143676.jpg
食事前のお夕事、オリエンテーションで練習した音楽法要です。「ガッチャーミィー」と大きな声でお勤めしてくれました。
a0144016_08143685.jpgお勤めのあとは『いのちをいただく』紙芝居の読み聞かせです。
今年は住職が担当、久々でしたが昨年の読み手さんがマーキングをしておいてもらえ、読みやすかったです。
a0144016_08143630.jpg住職は気合い一杯、動き回って緩急付けて、子どもたちの集中力を逃しません。
a0144016_08143634.jpg夕食は庫裡広間で全員一緒にいただきますしました。
子どもの人数が増えています。
a0144016_08143605.jpg①テーブル
a0144016_08143656.jpg②テーブル
a0144016_08151967.jpg③テーブル
a0144016_08151912.jpg④テーブル
a0144016_08152074.jpg⑤テーブル
a0144016_08152079.jpg⑥テーブル
a0144016_08152027.jpg⑦テーブル
a0144016_08152076.jpg⑧テーブル
a0144016_08151939.jpg⑨テーブル仏壮のテキ屋さん
a0144016_08171849.jpg⑩テーブルも仏壮のテキ屋さんとお手伝いスタッフさん
a0144016_08171887.jpgお蔭でご馳走さまでした。
a0144016_08171822.jpg夕食が済むとお楽しみの宵あそび準備が始まります。
子どもたちは待ちきれません・・・・
a0144016_08171827.jpg本堂で待機と言っても、言う事聞かずテキ屋さん準備の所をウロウロします。
a0144016_08171853.jpg宵あそびを始める前に、諸注意と遊び券のはいった、名前シールの貼った金魚袋が配られます。

正尊寺お泊まりキッズサンガ名物よいあそび平成24年から、本山の大会で行われたのを真似てはじめ、お泊まりは出来ないけれど、宵あそびだけ参加という子がたくさんいまあす。この時間だけは人数が一気に増えて50名以上、賑やかな夜まつりをかもしだします。
a0144016_08171871.jpg
a0144016_08171902.jpg①光るお魚とスーパーボールすくい
ひとり1個は光るアイテムもらえます。
a0144016_08171940.jpg②空気砲
去年の段ボール箱を流用したら、使いすぎで復元力無く、来年は新調です
a0144016_08182633.jpg③ホールインワン
幼児には優しく、高学年には厳しく、
a0144016_08182688.jpg④輪なげ
景品はショボいですが沢山取れるのが皆うれしい
a0144016_08182675.jpg⑤玉入れ
これも幼児には優しく、高学年には厳しいく標的が動く、ビンゴ揃える玉入れです。
a0144016_08182693.jpg⑥浮き輪投げ
三色の意光るブレスレットを狙って取ることで、ただ配るより楽しめます。
a0144016_08182624.jpg⑦射的
宵あそびの一番人気、昔から子どもは狩猟が好きです。
a0144016_08182629.jpg⑧クラフト
折紙でプロペラ飛行機、始動は例年の三菱航空機MRJの設計エンジニアの川崎さん、空力ばっちり教えてもらえます。
a0144016_08182731.jpg宵遊び券の無くなった子は、アンパンマン号で夜間遊覧も飛び入りではいりました。
a0144016_08194197.jpgデザートブースもでき、果物やラムネもおにぎりを用意しました。
a0144016_08194208.jpg今年は本堂のカヤ、3張りだけの要望でした。
a0144016_08194205.jpgほとんどの子は庫裡のエアコン効いた広間に布団を敷いて、映画見ながらの就寝です。
a0144016_08194286.jpg朝、本堂のカヤの中は布団0、夜中の内に全員庫裡へ移動していたようです。
a0144016_08194268.jpgラジオ体操は例年の如く、だらだら・・・どうしたものか。
a0144016_08194291.jpgラジオ体操、はなから高みの見物する1年生も有り・・・
a0144016_08194261.jpgお朝事は念珠ボードから各自手に掛け、集合です。
a0144016_08194217.jpgお朝事は正信偈草譜六種引き、正座我慢のお勤めです。
ほとんどの子が最後まで正座で頑張ってくれました。
a0144016_08202680.jpg朝の法話、住職から阿弥陀様と一緒だと言うことこんこんと聞かされました。
a0144016_08202693.jpg朝のお掃除は、ひとり20個のゴミ拾い結構きれいになりました。
今年は本堂で寝ていないので、ゴミも少なめでした。
a0144016_08202612.jpg朝食準備、朝まで泊まっていった子は30人位、コッツリした朝食会場です。
a0144016_08202640.jpg泊まれた幼児は朝から元気、クラフトのプロペラ飛行機で遊んでいました。
a0144016_08202687.jpg食前の言葉で、いただきます。
a0144016_08202626.jpg朝ご飯はご飯とおいしい味噌汁、海苔玉ふりかけとカツオ梅干しのみ、それでもお代わり続出です。
a0144016_08202668.jpg盆おどりのお稽古も、子どもたちはすぐに身につきます。
a0144016_08202798.jpg朝からカキ氷のおやつ、すでに30℃越えの猛暑日、氷もよく売れます。
a0144016_08224204.jpg室内オリンピックの班分けは手抜きのジャンケンで決めました。
a0144016_08224250.jpg今年の種目は幼児が沢山いるのでできるだけ簡単にしましたが、班分けが男女混合になり高学年女子は密着型のゲームには拒否反応、来年から気をつけよう。
a0144016_08224259.jpgその点、皆でシンキングのゲームは成功、画用紙表裏を使い①夏休み ②キッズサンガと設問が実に良かった。
a0144016_08224280.jpg16アンサー、イイ感じのチーム。
a0144016_08224263.jpg念仏が出ているので優秀。
a0144016_08224236.jpgアミダ様と名号は一緒を聞いていなかった、残念。
a0144016_08224268.jpg人気のフィギア探し、参道一列に並ばせて、押し合わないようにしてスタート。
a0144016_08224265.jpg1年生最大獲物Get、今年は人数少ないので2アイテムずつ採りました。
a0144016_08234969.jpg2個Getして本堂畳の縁に並べます。
a0144016_08234906.jpg今回は人数×2+20個隠しました、ボーナスの画像に無いアイテムが続出でした。
a0144016_08234980.jpg途中、残り20個の再捕獲タイムもできました。
a0144016_08235020.jpg結果、長い長いフィギアの列ができました。
a0144016_08235025.jpg最後の種目で勝敗が決定、勝った班から順に流しソーメンの場所が決められます。
a0144016_08235062.jpg商品はビニール袋に詰まった風船の中に埋もれている。
これだと新聞紙のゴミも少なく、正解です。
a0144016_08235099.jpg景品は昨夜の宵あそびの残り、それでも嬉しそうです。
a0144016_08235038.jpg18mの流しソーメン、ターフを貼って熱中症予防もしてからです。
a0144016_18204304.jpg素麺120束茹でましたが、今年は30名と少なく小粒な幼児が多く100束でも充分でした。
a0144016_08242160.jpg30名ちょっとみんな良い場所で食べることができました。
a0144016_08242115.jpg子どもたちなんやかんやと言いながらも、食べ始めると結構たくさんつり上げています。
a0144016_08242262.jpg途中変わり種も流してみると、これは人気ありました。
a0144016_08242246.jpg記念写真もコッツリと。
a0144016_08242206.jpg思い出の俳句ひねり、ひとり何枚も書きましたが、字の書けない幼児も多数・・・
a0144016_08242299.jpg一枚一枚紹介すると、幼児の字にならないのもチラホラあり、それなりに読んでやると大喜びでした。
a0144016_08242239.jpg閉会式、今年は酷暑と幼児で、どうなるかと思いましたが、ひとりの病人も無く元気に解散できました。
来年も8月7日~8日、来て下さいね。
a0144016_08245301.jpg解散、保護者がお迎えに来た子からさようならでした。
みな思い出いっぱいに山門をくぐって帰路につきました。

お手伝いの皆さま、ありがとうございました
※去年のお泊まりキッズサンガ

# by shoson-kids | 2018-08-14 08:26 | 行事
去年から1日開催の正尊寺花まつり・降誕会、ご門徒への寺報宣伝やSNSを通じての告知で、予想を超える人数の親子ずれ参詣者でした。
お天気も途中雲行き怪しくなりましたが、雨降ること無く楽しいご縁づくり行事となりました。
a0144016_17002586.jpg
a0144016_17002575.jpg去年の反省を踏まえ、ワークショップは庫裡の室内を使ってブースを作り、さらなるバージョンアップしてのお楽しみでした。
a0144016_17002601.jpg今年も5種類のチケットを作り、各ブースの混雑を防ぎ、皆が楽しめるようにしました。
花御堂(はなみどう)を参加者全員で飾るように、参加券です。
ワークショップ券は1枚、押し花しおり、ドライフラワーアレンジメント、3色紐編み飾り、レゴプールなどへ分散を目論みました。
缶バッチ券は向拝(ごはい)の花枠で写真を撮って、本人写真缶バッチを作ります。
お昼のカレーもチケット製、でも来た人は誰でも食べられます。
ワークショップとカレーだけ食べて法要パスして帰る『食い逃げ』ないよう、ビンゴカードのボーナス券も付いてます。



a0144016_17002690.jpg今年のnewワークショップは坊守が何日も掛け準備した脱色ドライフラワーと、それが難しそうな低年齢の子ように毛糸紐編みと花紙飾りです。
a0144016_17002648.jpg60個のアレンジメントセット、お持ち帰りも考え台紙も貼って準備です。
a0144016_17002630.jpg前日、本堂飾りの風船も200個ふくらましました。
これも去年から導入の「くるんぱち棒」で口をくくらなくて良く作業は順調でした。
a0144016_17013971.jpg本堂への風船飾りも、ヒモにクルンパチを通すだけ、吊ってからも微調整もでき便利です。
a0144016_17013935.jpgお供え花苗はお隣のコメリで200株予約してあり、カゴに詰め換え作業です。
a0144016_17013910.jpg内陣に置かれた花み堂を飾るように、苗花とシュウケーキ盛りです。
a0144016_17013907.jpg看板は後ろからでも美しい写真が撮れるように太鼓張りにして作り替えました。初めて使う看板なので多少の微調整は必要でした。
a0144016_17013911.jpg去年のインスタ大枠の裏側たいへん良くなりました。
※去年の枠の裏側
受付の志納箱も今年は『ダーナ献金箱』にしておきました。
a0144016_17013917.jpg昨日までの予想では快晴のはずが、雲行き怪しくなってきたので、もしもの場合想定してテントも立てました。
a0144016_17013959.jpgお昼のカレー
・牛肉4㎏
・玉ネギ
・にんじん
・カレー粉2種類 4㎏
隠し味玉ネギペースト5袋
★ジャガ芋は入れず
a0144016_17014019.jpg坊守丹精の境内ハス鉢、3月の植え替え大量、売れ残ったレンコン捨てるに忍びないので、蓮根チップにしてカレーのトッピングにします。
a0144016_17022302.jpg回転釜で大量に作るカレーはとても美味しく出来あがります。
a0144016_17022330.jpgかつて正尊寺で法務を手伝ってくれた学生の樋口君、今は熊本へ養子に行き高千穂住職として活躍です。
花まつりに会わせて、立派なクマモン西瓜お供え頂きました。
a0144016_17022301.jpgシャトレーゼのダブルシュー100個、生クリーム苦手な子用にチョコエクレア20個、スチロール箱に飾り付けます。
昔は巨大ケーキでしたが、これはこれで評判上々です。
a0144016_17022394.jpg年季物の買置き甘茶が底をつき、京都の本願寺御用達「美好園茶舗」の甘茶を使いました。
葉っぱは60㌘ほど使いました。
a0144016_17022316.jpg回転釜はカレーと麦茶が占有、寸胴鍋で30㍑沸かし火を止め、3分間茶袋浸しただしました。
あっさりとても美味しい甘茶になりました。
a0144016_17022314.jpg花まつりにはゾウさんケトルが似合います。
a0144016_17022457.jpg9時前から準備に集まってもらえた仏教婦人会の役員さん方、準備を終えてフラワーアレンジメント先行チャレンジで楽しんでもらえました。
a0144016_17022450.jpg押し花コーナーは吉田先生と正蓮寺坊守様が担当してもらえました。役員のお祖母ちゃんに付いてきた子たちは、先行して栞を作り始めました。
a0144016_17032086.jpg午前10時始まります
仏旗ポールには郡上本染めの鯉のぼりも泳いでいます。
山門の看板と仏旗忘れていました(>_<)
a0144016_17032042.jpg花み堂は台の上に置いてスタンバイしていましたが、小さい子の手が届かず苦労させたようです。
a0144016_17032015.jpg仏婦役員さんの機転でビニールを敷いて地ベタにおいて、小さい子に対応してもらえたようです。
来年から低い台を用意しよう!
a0144016_17032053.jpg始まりから1時間ばかりは境内で花を飾ってもらい、大方の子が参加済になったところで本堂へ移動し内陣に安置されました。
a0144016_17032123.jpg3色毛糸ヒモ編みコーナー
3本の毛糸をストリング-II高速式回転ひもより器でオリジナルヒモを編み、アクセントに紙花を付けます。
時間短縮の為に事前に紙花作っておきました。
a0144016_17032193.jpg幼児でもクルクル回すだけでカラフル紐が編め、小さな子には人気のコーナーになりました。
a0144016_17032179.jpg可愛いブレスレットになりました。
お釈迦さまの消しゴムはんこが可愛いです。
a0144016_17032127.jpg編みヒモコーナーの川崎夫妻ありがとうございました。
a0144016_17041403.jpgドライフラワー・アレンジメント
庭に咲いたアジサイを漂白剤に付け乾燥させ、乾燥オアシスにさして花束作っていきます。
a0144016_17041492.jpg個性的なドライフラワーポット50個セロハンにデコレーションされ本堂の花御堂を飾ります。
a0144016_17041563.jpg押し花しおりも人気、境内の草花がお経本の栞に再生です。
a0144016_17041590.jpg200枚用意しておきましたが半分以上が使われ、皆さん楽しんでもらえました。
a0144016_17041531.jpg特別参加のハスワークも賑やかしに頑張ってもらえました。
有料でしたが、結構売れたようです。
a0144016_17041561.jpgレゴプール
乳児用のスペースとして、3月からヤクオフで集めたレゴをボールプールに入れて、ママさんが安心してワークショップを楽しめるように、保育士のユリカちゃん手伝ってもらえました。
a0144016_17041533.jpg結構乳児のの参加者あり、レゴプール繁盛していました。
a0144016_17041526.jpgレゴプールでは風船アートとシャボン玉もおまけで、小さい子ども達おおよろこびでした。
a0144016_17045718.jpg12:00 お昼のカレー
天気も持ちお昼には庫裡横広場にはカレーの臭いが充満です。
思い思いの場所に家族と座って昼食です。
a0144016_17045747.jpg厨房では婦人会の役員さん方が大活躍です。
途中ご飯8升が底をつき、慌てて2升追加で炊いてもらいました。
a0144016_17045743.jpgカレーの上には蓮根チップ、春キャベツのコールスローのサラダ、みんなたくさん食べてもらえました。
a0144016_17045712.jpg写真オリジナル缶バッチ
受付を済ませると、まず缶バッチ用写真を撮影します。
ピンポンのスコアー表からヒントを得た番号めくり有効でした。
a0144016_17045794.jpg境内をバックに大型インスタ枠の中に入れての撮影、向拝階段が大人と子どもの身長差うまくカバーできました。
a0144016_17045700.jpg100枚近くの写真プリント、インクジェットの写真印刷ではとても間に合いそうありません。
急遽ネットワークを利用しからページプリンター印刷に切りかえました。

a0144016_17045773.jpgA3カラー8面の写真をインデックス表示させ、数秒で印刷でした。
この方法で100個の缶バッチ写真間に合いました。
※拡大画像
a0144016_17045841.jpgカルタ取りのように並べられた写真から、自分たちの家族の写真選んでもらい、円形カッとしてバッチを作ってもらいます。
a0144016_17053100.jpg子ども達のもレバーを押させ、選んだ写真が一瞬にピカピカのバッチになる様子体験してもらえました。
子供より、保護者の方がその仕組みに興味があるようでした。
バッジマンNetのマシーン優れ物でした。
a0144016_17053241.jpg午後1時前になっても長い列で、少々焦りましたが、別院から借りたのと、新規に買い揃えたマシーン2台態勢で何とか時間内に作れました。
a0144016_17053265.jpgピンバッチにするかマグネットバッチにするか、子どもはすぐ付けられるバッチ、親さんは冷蔵庫に貼り付けるマグネットバッチと意見が分かれましたが、マグネットの方が多い注文でした。
a0144016_17053252.jpg午後1時半 法要開始
法要の始まりは子ども達の献灯献花です。ぶっつけ本番、長チャッカマン無くグラスのローソクに火は付かない、列グチャグチャ課題いっぱいでした。


a0144016_17053255.jpg子ども代表の祝辞、Aちゃん何とか法要までに間に合って来てくれました、
a0144016_17053240.jpg仏婦会長のMさん本堂いっぱいの参詣者に祝辞でした。
a0144016_17053229.jpgY仏壮会長はクリスマスより花まつりをしっかり憶えて欲しいと話してくださいました。
a0144016_17060710.jpg新一年生のお祝いは10名有りました。一人シャイな子は前に出てきませんでしたが、全員に記念品さしあげました。
a0144016_17060894.jpg今年から始めたダーナ献金の勧めもしましたが、あまりたくさん入っていませんでした。
a0144016_17060886.jpg法要が終わって休憩では、お供えのケーキが配られましたが、120個では足らず仏婦の役員さん方は辛抱しましてもらいました。
※来年はあと15個は増やすように
a0144016_17060816.jpg甘茶とダブルシュー、花まつりならでのティータイムです。
a0144016_17060872.jpg正尊寺行事インスタ枠も好評で花み堂バックに撮影してもらえましたが『#正尊寺』でのインスタ投稿がなく残念でした。
a0144016_17060837.jpg休憩後お楽しみのビンゴ大会です。
朝から参加の子は2枚のカードを持って戦闘モードでした。
a0144016_17060812.jpgビンゴになった人から巡番に好きな景品を取りますが、小さな子どもは金額より好きなお菓子、ご愛敬でした。
a0144016_17060826.jpgママの言うこと聞いて海苔缶をGetした子、微妙な笑顔でした。
a0144016_17070461.jpg午後3時20分『恩徳讃おんどくさん』を斉唱し、今年の花まつり・降誕会法要終了です。
a0144016_17070468.jpg1人一鉢好きな花の苗をお土産に持って帰ります。
お庭に植えて思い出の花咲かせてくださいね
a0144016_17070428.jpg自分で作ったフラワーアレンジお忘れなく、しおれないドライフラワーです、長く飾って楽しんでください。
a0144016_17070457.jpg風船も紐を切って降ろし、お土産に持って帰ってもらいます。
子どもは風船大好き、1人でいっぱい抱えて帰る子もいました。
a0144016_17070567.jpgクマモン西瓜も大人気、この時期まだ珍しく、あっという間に売り切れました。
a0144016_17070517.jpg後片付けもほどほどに、午後6時からのお通夜の前に住職は完全電池切れ状態になっていました。

お手伝いの皆様、一日ご協力ありがとうございました。

※去年の花まつり・降誕会

# by shoson-kids | 2018-05-04 17:00 | 行事
今年も3月21日お彼岸のお中日午後1時から、第5回正尊寺十三参りが開催されました。あいにくの雨で境内での写真撮影ができないので、急遽室内看板を作り記念撮影に対応しました。
a0144016_01401875.jpg
a0144016_01401827.jpg今回は7名参加者全員が、初参式受式者で手形7枚返還することになりました。
色紙の住職記号にミス発見「十参り」になっており、急遽7枚書き換えました。
a0144016_01401851.jpg貸出用の式章も京都櫻井でキッズサンガ式章を揃え、白念珠も用意、男子が多いので彩りに花一輪もリボン掛け準備しました。

a0144016_01401812.jpg着物着付けお手伝いに3年前に受式した親子が早めに来てもらえました。
本願寺新報の記者が取材に来られ、さっそく経験者に質問取材が始まりました。


a0144016_01401909.jpg急遽、今年中学卒業のMちゃんに着物を着てもらい、お抹茶接待のお運びお願いすることになりました。
a0144016_01401974.jpgお母さん達をお客さんに見たて、お茶出しの練習です。
a0144016_01411038.jpg12時30分頃には次々参加者が正装して、庫裡に集まって来ました。
a0144016_01411034.jpg今回女子参加者は2名、もう少し増えないか最後まで勧誘しましたが、難しいお年頃の女子説得が成功しませんでした。
女子が喜んで殺到する行事に成りたいことです。
a0144016_01411078.jpg定刻前に全員揃い、丁寧に事前説明をしました。
a0144016_01472529.jpg定刻午後1時、本堂でお勤めが始まりました。
・至心礼
・表白
・願成就文
a0144016_01411168.jpg住職が外陣に降りると、誕生日順位一人ひとり名前を呼んでお焼香です。
a0144016_01411199.jpgみんな神妙に合掌礼拝、レクチャーで説明したので、小さい声ながらお念仏も称えてくれました。
a0144016_01411198.jpg住職からはなむけの法話が15分、みんな真剣に聞いてくれるのが有難いです。
a0144016_01411148.jpg須弥壇にお供えされた記念品が、一人ずつ手渡されていきました。
自分の小さな手形に見入っていました。
a0144016_01423542.jpg受式者集合写真は父兄がカメラやスマホで写真撮りまくり、スマイルというより苦笑いです。
a0144016_01415777.jpg最後に保護者も一緒に集合写真でした。
a0144016_01415880.jpg本堂法要が終わり、庫裡へと移動です。
a0144016_01415895.jpg庫裡広間に入ると金屏風の前に敷かれた緋毛氈の前に横一列で座ります。
a0144016_01415859.jpg全員が並んだら、お抹茶の接待が始まります。
a0144016_01415816.jpg京都UCHU wagashiの可愛い干菓子を頬ばり、住職からお点前作法のレクチャーにあわせ抹茶を飲みます。
a0144016_01415897.jpg人横一列に蔵珍窯(ぞうほうかま)の緑椿の揃え茶碗で圧巻でした。
a0144016_01415870.jpg保護者の皆様へもお抹茶が振る舞われます。
a0144016_01440639.jpg会議室で3杯のお点前大忙しで茶筅が回っていました。
a0144016_01440646.jpg一文字揮毫は緊張が最高潮です、皆さんがカメラを構えるなか思い思いの一文字上手に書いていました。
a0144016_01440651.jpg球・光・信・希・喜・信・希の字が書かれました。
今年は一文字だけ二人でした。
a0144016_01440692.jpg彩りの花一輪、住職からお祝いの言葉と供に配られました。
a0144016_01440783.jpgそろぞれの家族で記念写真、住職も顔を入れます。
a0144016_01440734.jpg今回にあわせ作ったインスタ枠も人気でした。
a0144016_01440701.jpg赤ちゃんの初参りから11年大きく成長組いてくれました。
十三参り良い思いでに成ってくれることでしょう。
a0144016_01443171.jpg
※去年の十三参り


# by shoson-kids | 2018-03-21 15:00 | 行事
他の行事音兼ね合いでしばらく開催出来なかった親子キッズサンガ、開催日を第4金曜日に延長して久々に開催しました。
a0144016_22404962.jpg
a0144016_22404996.jpg久々の親子Kids、今まで常連の家庭限定8枚案内葉書を送りました。
久々の開催、子供さんも親さんも何かと忙しいようで、12月は行きますとの返事をいくつかもらい、今月は3家族子供5人、大人名とこじんまりとした親子お経教室でした。

a0144016_22404929.jpg開会の音楽礼拝は住職が担当します。
・敬礼文きょうらいもん
・三帰依さんきえ
・さんだんのうた
・The念仏
      です。

a0144016_22404922.jpg今回はお取越(とりこし)シーズンなので、特別法務員の若院が『正信偈しょうしんげ草譜そうふ五六億和讃 を指導しました。
和讃は初重しょじゅうの二首を丁寧に教えていました。

a0144016_22414603.jpgお話しは、親鸞聖人しんらんしょうにんが残してくださった正信偈の謂われ、を少し話してお焼香をして庫裡のクラフト会場へ移動でした。
a0144016_22414642.jpg庫裡広間ではカーペットの上にブルーシートを敷き、ローソククラフトの準備万端でした。
a0144016_22414741.jpg今週大垣のローソク屋さんが廃業し、和蝋燭の残ロウ再生してもらえなくなり、再利用を考えローソククラフトをすることになりました。
和ローソクは和紙とイグサの茎髄(くきずい)で出来た太い芯がは入っていて、まずそれを外す作業が手間です。

a0144016_22414705.jpg芯ゴミを外した和ローソクを鍋に入れて溶かします。
a0144016_22414795.jpg当初はキャンドルを作らせようと考えましたが、カップに流し込むだけでは面白みも無く・・・
水風船を使ってローソク椀を作ることにしました。
a0144016_22414748.jpg作業は一人ずつ、
退屈な子供には、干し柿用に切ったシュロの葉でハエたたき?を作って貰うことにしました。
けっこう良い時間つぶしが出来ました。
a0144016_22414717.jpg水風船に目一杯水を入れ膨らまし、溶かしたローソクの鍋に漬けたり上げたり15回、蝋のマルイ層をふくらませます。
a0144016_22432376.jpg水を張ったオケに入れ冷まし、風船を割ります。
このとき上手に割らないと、お椀も割れてしまいます。
a0144016_22432370.jpg今回参加者も少なく、何個も作りたがる子もいましたが、ラッキーでした。
a0144016_22432454.jpg本堂御供えの朱蝋燭が奇麗なお椀方の器に変身しました。
この器をアクセントに来月は正月飾りを作ります。
a0144016_22432464.jpgクラフトが済んでおやつはサンドイッチ。
飲物はココアやカフェオレ、好きなスティックお湯に溶かします。
a0144016_22432478.jpgサンドイッチは柿サンド、なかには人参のようだから絶対食べないと言う偏食家の子もいましたが、ほとんどの子は喜んで食べていました。

a0144016_22432483.jpgたくさん作りすぎたので、パパへのお土産に持って帰って貰いました。
a0144016_22432479.jpg自作のハエたたき、ネットに顔を出したくない子は、モザイク代わりに顔を隠し、記念写真でした。
a0144016_22441369.jpg少人数で充分楽しみ、時間オーバー20分遅れの8:50恩徳讃を合唱して終了しました。
次回は12月は22日(金)
今回休んでも次回までにアイテムはそれます、新規参加者お待ちしております。

※去年の親子キッズ